たなごGo!

たなご釣りの虜になった男の釣りバカ日記。たなごと一緒にシャドーシュリンプの飼育もしています!

ウィローモスのトリミング・初心者でも出来る簡単お手入れ法

こんにちわ!
今回は『ウィローモスのトリミング』を紹介します!
アクアリウム水槽のをやっている方ならだれしもが触るウィローモス!
手入れも簡単なので初心者の方でも簡単に育てる事ができます!


ウィローモスのトリミングのタイミングって?

ウィローモスはある程度伸びてくると、下に生えているモスに光が当たらず枯れてしまう事があります。
なので、適度な長さに伸びてきたらカットをしましょう!
また、伸びたモスに水草の切れ端や、生態のフン、餌の残りカスなどが絡んで汚れますので定期的にメンテをしましょう!

トリミングする時は水槽から出すの水槽内でやるの?

ウィローモスは基本、流木や石、又はモスマットなどに活着させて育てます。
取り出せるものは取り出してカットするも良し。
流木や石に活着させて取り出すのが難しいケースは、通常通り水槽内でトリミングする事も出来ます。

カットをする場合等は見栄えもあるので水中でやってしまう方が仕上がりがイメージしやすいです。


トリミングに必要な道具は?

基本トリミングハサミがあればOK

私の場合、

●ピペット(スポイト)・モスの汚れ取りに
●トリミングハサミ(無いので眉切りハサミで代用)・モスのカットに
●網・カットしたモスを救いとる
●ピンセット・細かい調整やゴミ取り

これ、高いので揃えると本当高いです。
私の使っている道具は使い易い上にコスパいいんで最後に紹介します。

モスの汚れ取り

では、まずモスの汚れ取りをピペットを使って行います。補充用の水を作っておきましょう。


ピペットでモスの根っこ辺りを、水流で汚れを浮かします、すかさず近くで水を吸い込みます。
地味な作業だけど比較的飼育水を汚さずにモスの洗浄ができます。
軽く突くと底床のソイル埃のような茶色い汚れが舞うので吸い取りましょう。


モスの流木についてた生態の糞やら底床の埃やらモスの汚れがこんなに。
ピペットは非常に万能でした。
下の写真でもわかるようにピペットで吸い取っただけで緑緑しています。

モスのカットはどこから切るの?

ウィローモスは苔植物の仲間で、栄養分を吸収する根などは無いです。
流木や岩に活着するためにある仮根と呼ばれるものはありますが、栄養分を吸収する力は無いそうです。
つまりどこから切ってもOK!

カットの手順。

まず水槽のモーターを止めて水流を止めます。

後は好きな長さにカットしていきます。
※私は自分も短髪・女性もショートカットが好きなのでモスも短髪にする事にしました。(※どうでもいい情報ですが私は本田翼ちゃんがタイプです!)

後はカットしたモスを網で救いとって、ピンセットで水槽に舞ったモスを取り除きます。

カットしたモスも使えます!

流木や石に巻きつけてビオトープに入れとけば春から夏場はガンガン育ちます。
ビオトープなんてないよ!って方は、
ベランダに発泡スチロールに水張って入れておくだけですっごく増えます!

今回は抱卵中のシュリンプをサテライトBOXで飼育しているので、そこに入れれば足場にも餌にもなるので捨てずに有効活用しましょう!


撮影中チラチラ写っているタナゴ、例の稚魚から育てたタナゴです。
こんなに大きくなりました!
近々繁殖用水槽を作成予定です。お楽しみに!

にほんブログ村 釣りブログ タナゴ釣りへ
にほんブログ村


小物釣りランキング