たなごGo!

たなご釣りの虜になった男の釣りバカ日記。たなごと一緒にシャドーシュリンプの飼育もしています!

たなごの繁殖に適した二枚貝の種類や飼育について【貝飼育入門編】

f:id:yumemiraitunagu:20191129200834j:plain

こんにちわ!
今回はたなごの繁殖をするのに必要な二枚貝の飼育について調べたことをまとめました!
たなごは二枚貝に卵を産み繁殖をする習性がある為、家で飼育しているタナゴを繁殖させたい方は二枚貝の飼育が必要になります。
そこで、これから貝を飼育したいという方に入門編を作成しましたのでご覧ください。

貝の飼育は簡単?難しい?

貝はデリケートで飼育が非常に難しいです。

貝をたなごの水槽内で一緒に飼育した場合、環境が合わず貝が死んでしまうと水槽の水質は急激に悪化し、生態が全滅する場合もあります。

※以前私も何も知らずに水槽にドブ貝を入れて、数週間で貝が死んでしまい、その際水槽に真っ黒い体液が出ました。その後水質崩壊、水槽リセットと悪夢を見たことがあります。

しかし、ここでしっかりと知識を身に着けた上で飼育をすれば然程難しくはありません。以下の章ごとにポイントを押さえて飼育しましょう!

貝は別途水槽で育てたほうがいいの?

f:id:yumemiraitunagu:20191105164007j:plain
たなごを繁殖させたい場合は水槽を別途用意して、
『貝の飼育兼繁殖水槽』『たなご鑑賞水槽』を設けた方が良いです。

『貝の飼育兼繁殖水槽』に婚姻色のでている♂と卵管のでた♀のペアを入れて貝に卵を産み付けるのを待ちます。稚魚は貝の中で孵化して1カ月程で出てきますが、親タナゴが同じ水槽内に居ると出てきた稚魚は食べられてしまいます。
なので3週間ほど程経ったら親タナゴを『たなご鑑賞水槽』に戻し、稚魚が出てくるのを待つと言った具合で、水槽は2個用意した方が良いです。

貝の飼育水槽に必要なものは?

●水槽     ※45センチ以上が好ましい
●エアシステム 
●底砂     ※細かいものが好ましい
●水草     ※金魚藻が好ましい
●ライト

水槽

貝は非常に水質や水温の変化にもデリケートな為、30センチ等の小型水槽は適していません。ゆとりをもって45㎝程の水槽で飼育をした方良いです。
水温は23度以下、5度以上が適温です。夏場は特に水温管理が必要になります。

エアシステム

上部フィルターでも下面ろ過でもどちらでも大丈夫です、外で飼育されている方はエアポンプで飼育されている方もいます。

底砂

貝を飼育するにあたって、貝は底砂に身体の半分を鎮めて生活するので、貝が潜る深さの砂や小石が必要です。
水温によって深めに潜る場合もあるので水槽下部から5~7センチ程底砂があった方が好ましく、砂の粒子は細かい方が良いと言われています。

水草

貝は水中のプランクトンを餌として食べるので、水草も一緒に飼育する必要があります。外では金魚藻のマツモ・アナカリス等の水草の生えている場所に生息している為、金魚藻を選ぶと良いとされています。
水草を育成するということは、ライトも必要という事です。



貝を繁殖させたり長生きさせたい場合は?

貝自体を繁殖させるにはヨシノボリが必要です。(霞ヶ浦で簡単にゲットできますよ!)
貝が受精した後、貝の幼生はヨシノボリのエラや鱗等に寄生して稚貝へと成長し、繁殖します。又、ヨシノボリは底面を泳ぐので、底砂に居るプランクトンが巻き上げられ、貝がそのプランクトンを食べる。という切っても切れない関係があります。
たなごの釣れる所に貝がいて、ヨシノボリがいるのは深い連鎖があった訳ですね!

又、水も環境も整ったのに蛍光ライトだけでは水中に充分なプランクトンが湧かず栄養分がない為、餓死してしまうケースもあります。
ベランダ等屋外でグリーンウォーター(藻の生えた水などを作って定期的に足し水をすると良いそうです。)難しい場合は、植物性プランクトンやアミノ酸、ビタミンなどの入った専用のエサなども売っています。

貝って何匹位で飼うのがベスト?

f:id:yumemiraitunagu:20191105163707j:plain
特にここは決まりはない様です。
ただ、1匹でも死ぬと連鎖して水質悪化で次々と死んでしまう場合があるので、
45㎝以上の水槽でゆとりを持って飼育しましょう。
目安としてはタナゴ1ペアに対して貝2~3個位
貝よりタナゴがおおいと突かれたりストレスで死んでしまうケースもあるそうです。
45㎝水槽ならオス2匹、メス3匹、貝6個位がベストです。

たなごに適した二枚貝は何がお勧め?

同じ二枚貝でもたなご達がより好んで産卵する貝があります。
特にオススメは、マツカサ貝、ドブ貝、カタハ貝などの中型~大型の淡水二枚貝は大半のタナゴと相性が合い、繁殖にはおすすめです。
殆どのタナゴは春産卵で水温20度を超えると行動が活発になりますので。
3月位に繁殖準備に取り掛かり、上記の貝を水槽で飼うとうまくいくかも知れません。


皆さんもたなごの繁殖に挑戦しませんか?少しでもお役に立てたら光栄です!
にほんブログ村 釣りブログ タナゴ釣りへ
にほんブログ村


小物釣りランキング