たなごGo!

たなご釣りの虜になった男の釣りバカ日記。たなごと一緒にシャドーシュリンプの飼育もしています!

タナゴに水草を引っこ抜かれない様に植える方法!金魚藻を植えてみた

f:id:yumemiraitunagu:20191121061146j:plain
こんにちわ!かつやんです。

今回は、別名金魚藻で知られている『カボンバ』をたなご水槽に入れようと思うのですが。。。

f:id:yumemiraitunagu:20191107183413j:plain
じゃんっ!
前回はわざわざ一本づつ綺麗に植えたのに、カネヒラを入れた途端に、たった一晩でぜーーんぶ引っこ抜かれました。

カネヒラだけでなく、ほとんどのタナゴや貝類は草食性が強いので普通に水草を入れておけば食べてしまいます。

食べる事自体は全然構わないのですが、、苦労して植えた水草がたった一晩で全部抜かれて水面に浮かんでたり、フィルターの吸い込み口に引っかかってるとか見たくないですよね笑

なので、綺麗な景観を残しつつカボンバを植える方法を探りたいと思います!

f:id:yumemiraitunagu:20191107184019j:plain
※3日経っても引っこ抜かれてません!


金魚藻【カボンバ】とは

そもそも、カボンバってなに?
って方もいると思うので簡単に説明します。

青々としていて、清涼感のある美しい水草。
マツモやアナカリスと共に別名『金魚藻』として有名です。

日本淡水魚を飼育した事のある方は誰もが一度は購入した事のある水草かと思います。

このカボンバはアナカリスやマツモと違って地中に根付かないと増えたり育ったりしません。

地中に植えるにもスポンジやおもりを付けたままではそこから茎が痛んだり、根腐れを起こしたり、根付く事もありません。

水草レイアウト水槽であれば、一本ずつ埋めるのが理想ですが、このカボンバは草食性の強い魚には格好の餌になります。

カネヒラや貝類、金魚、クチボソ、どじょう、みんな好き好んで葉っぱを突っついたり根っこを引っこ抜いて茎から葉から食べてしまいます。

まぁ、食べてくれるのはいいんですけど、すぐにバラバラにされるのも癪なので、工夫をしたいと思います。



カボンバを購入から植えるまで

あくまで自己流です。
これで暫く観察してて引っこ抜かれなかったら良いんですが笑
順序立てて説明します。


f:id:yumemiraitunagu:20191107181101j:plain
まず、購入した水草は必ず真水で洗います。
余計な微生物や、病気を落とす為です。

そしてこのスポンジとオモリは外します。
コレを取らないと地中に根付きませんし、ここから痛んで茎が腐ってばらけてしまう場合があるからです。


f:id:yumemiraitunagu:20191107181104j:plain
本来カボンバは根付かせないと増えないし育たないので、地中に植える必要があります。
ソイルに深く植える為、根から5.6センチは葉っぱは全部取り除きます。

※葉っぱが生えていた場合、地中に埋まってしまうので光合成ができず腐ってしまいます。水質悪化や、茎が痛む原因にもなるので取ってしまいましょう。


f:id:yumemiraitunagu:20191107181058j:plain
根っこは鋭利なハサミで茎を斜に切ります。
こうすると根が生えるまでの間、吸水が良くなり水草が元気に長持ちします。
※もし根が出ているものがあれば無理に切らずそのまま挿した方がいいです。


f:id:yumemiraitunagu:20191107181110j:plain
前回の様に、一本づつ植えたら翌日にはカネヒラに全部抜かれてしまうので、少し工夫をしたいと思います。

モスマットは植物繊維でできてるので、2.3ヶ月で溶けてなくなります。

最初はゆる〜くモスマットで結いて密集して植えます。自然とモスマットが無くなってその頃には地中に根付くんじゃないかって作戦です。



かなーり緩めに巻いてます。
※強く巻いたらスポンジとオモリ同様、そこから傷んでしまうので。

そしてカボンバは浮力が強く、一本づつ植えても直ぐに浮かんでしまいます、
それを束で植えるとなると浮力はかなりのモノ。
なのでおもりを糸で固定して根付くまでの期間一緒に沈めます。

f:id:yumemiraitunagu:20191107181054j:plain

きっと、一本埋めじゃないから、そうそう抜かれない。
モスコットンは2か月位で勝手に溶けるので上手くいけば根っこが生えて、増える可能性もある!コレを狙ってみました。


f:id:yumemiraitunagu:20191107181107j:plain

3日経っても抜かれてない!!

前回はカネヒラに一晩でバラバラにされ、翌朝全て水草が浮いてました笑。

これは期待が出来そうです。
多分モスでゆわいてあるので突っついてもそうそう抜けないのと、束で植えられてるので突っつきづらいのかも。
カボンバはいくら安いと言ってもそうそう食い散らかされてはこちらももたないんでね!

根付いたかどうかも追って報告したいと思います。
にほんブログ村 釣りブログ タナゴ釣りへ
にほんブログ村


小物釣りランキング