たなごGo!

たなご釣りの虜になった男の釣りバカ日記。たなごと一緒にシャドーシュリンプの飼育もしています!

アブラボテの特徴!外観・飼育・繁殖・釣り情報を詳しく解説!

f:id:yumemiraitunagu:20200109031740j:plain

こんにちは!かつやんです!

今回は我が家の水槽の写真を載せながら
アブラボテの魅力や特徴を少し説明したいとおもいます!
魅力的なアブラボテの世界を見てみましょうっ!

アブラボテの特徴

f:id:yumemiraitunagu:20191202191700j:plain

体高は比較的高め、1対の長い口ヒゲがあり、鯉科って事を改めて感じます。

身体に厚みもあり、比較的大型で大きいものは12cm程になります。

体は雌雄供に幼魚のときから黒ずんでいて他のタナゴと見分けがつきやすい。

婚姻色の出た雄は体側が暗黄褐色になり、ヒレはオレンジ色の斑紋が入り、尻ヒレの縁は黒くてシブいっ!

重油の色を連想させることがアブラボテの名前の由来らしいっ!



アブラボテの婚姻色

f:id:yumemiraitunagu:20191202191719j:plain
希少なカネヒラとアブラボテのツーショット
婚姻色の出たカネヒラ(左)アブラボテ(右)

カネヒラは緑色の体色に赤い尾鰭が特徴
アブラボテは褐色の体色にオレンジの尾鰭と異色の婚姻色が特徴です。

因みにアブラボテは生息地により婚姻色の発現様態には差が大きく出る。

関西地方では暗緑色、岡山では紫色、九州では褐色に染まるらしい!この子は琵琶湖だけど、九州の方の子なのかな?

婚姻色が出ており、鼻の頭には繁殖期特有の花房のようなものが出ています。



アブラボテの性格・飼育方法

f:id:yumemiraitunagu:20191202191738j:plain
インターネットで調べていると気性は荒い性格でよく雄同士はケンカをするらしく、強い雄がいる場合もう一方はボロボロにされてしまうなんて事も、因みに我が家ではカネヒラの方が暴れん坊。

アブラボテの雄が2の雌が1だがカネヒラやバラタナゴ複数と飼育しているせいか我が家ではおとなしい。

カネヒラが寄ってきても動じないのはシブいっ!
冬場が最盛期でヒーターなどは使わず飼育した方がアブラボテの美しい発色を堪能出来ます。

魅力的なアブラボテを飼育してみませんか??


アブラボテ雌の様子

f:id:yumemiraitunagu:20191202191743j:plain
雌は繁殖時期になると卵管が出てお腹も膨れてきます。
そしてアブラボテは雌も尾鰭がほんのりオレンジと黒縁でカッコいい。
雄より気持ち体がふっくらしてます



アブラボテの繁殖方法

春型の産卵で3〜7月にイシガイ、ドブガイ、マツカサガイなどイシガイ目の淡水生二枚貝を好んで卵を産みつける。

先程と重複しますが、繁殖期のオスは気性がより荒くなる為、混泳には注意が必要。
繁殖させるには水槽内に二枚貝を入れ1カ月程様子を見ると良い。

二枚貝を使った繁殖方法
www.tanagogo.work


アブラボテの釣り情報

f:id:yumemiraitunagu:20191202191750j:plain

アブラボテは関西、九州と西側に多く分布しています。
残念ながら関東にはアブラボテは分布していない様です。
関東にない魅力がありますねっ!

九州・岡山・四国と地域によって発色が違う様で実際見比べてみたいものです。

止水域を好み、水の澄んだ河川・用水路等に生息しており、
主に単独で生活し縄張りを形成する。
稚魚は群れを形成し水草等に潜み生活する。
食性は雑食で、アカムシや黄身練りも食いつき易い。

そして琵琶湖や岡山はこんなタナゴ が釣れるなんて羨ましい!
是非挑戦してみたいと思います。


関連記事の紹介

他のタナゴの特徴を紹介しています!
www.tanagogo.work


タナゴ飼育水槽の作り方を紹介しています!
www.tanagogo.work

バラタナゴの魅力を堪能しませんか?
www.tanagogo.work



にほんブログ村 釣りブログ タナゴ釣りへ
にほんブログ村


小物釣りランキング