たなごGo!

たなご釣りの虜になった男の釣りバカ日記。たなごと一緒にシャドーシュリンプの飼育もしています!

バラタナゴの特徴!外観・飼育・繁殖・釣り情報を詳しく解説!

f:id:yumemiraitunagu:20200119061023j:plain

こんにちわ!かつやんです私の

タナゴと言ったら最初に連想されるのはバラタナゴでしょうか?

タナゴの中でも最も色鮮やかで親しみのあるバラタナゴの魅力や特徴・飼育方法・釣り情報まで解説します!

日本各地に生息し、数も多いので釣りを楽しむ事も出来ますし、

比較的飼育も簡単でペットショップやオークションでもリーズナブルな値段で購入できます。

釣りでも飼育でも正にタナゴの入門!
バラタナゴの世界を覗いてみましょう。

バラタナゴの特徴

f:id:yumemiraitunagu:20200109022324j:plain

体高が高く、体は虹色の光沢がある平たい特徴的な形をしている。
稚魚・未成魚では背鰭の前端部に黒斑が入る、雄の場合成熟に従って消失する。
※背鰭の黒斑はカネヒラやオオタナゴなど他のたなごも小さい頃は現れる。

バラタナゴは在来種のニッポンバラタナゴと外来種のタイリクバラタナゴがいるが、ニッポンバラタナゴは現在数が激減しており、現在ではタイリクバラタナゴや混血の種が大半を占めています。

ニッポンバラタナゴは体長5cm程
タイリクバラタナゴは大きく8cmにもなる。

バラタナゴの婚姻色

f:id:yumemiraitunagu:20200109022350j:plain

繁殖期の雄は鮮やかな紫色や鮮紅色の光沢をもつ婚姻色が特徴。

最盛期の5~6月は雄は鮮やかな婚姻色を表し、腹部から背鰭、尻鰭、尾鰭が真っ赤に色づく、この婚姻色の『バラ色』が名前の由来。

もともと雄は体が鮮やかな虹色をしており、早いものは生後半年位から色が出始め、比較的小さいうちから鑑賞を楽しむことが出来る。


バラタナゴの性格・飼育方法

f:id:yumemiraitunagu:20200109015002j:plain

比較的穏やかな性格で混泳させ易い。
また他の種類とのタナゴとも交雑する場合がある為繁殖をする際は気をつけて下さい。

水質や水温にも強く比較的飼育しやすいです。
又バラタナゴは止水域を好み水質変化にも強い為、自然界で淀んだ水に生息している場合があり、病気を持っているケースがあります。
釣ってきたタナゴは一度薬浴してから水槽に入れると良いです。

みなさんのたなご水槽でも魅力的なバラタナゴを飼育してみませんか??



バラタナゴの雌の様子

雌は雄より少しサイズは小さく、繁殖期の3~8月は雌は産卵管が2~5cmと長くでます。

また雄が虹色の魚体をしているのに対し雌は銀色でヒレが黄色がかった色をしています。

生後一年ほどで卵管も出て産卵出来る様になります。



バラタナゴの繁殖方法

f:id:yumemiraitunagu:20200109022450j:plain

春型の繁殖で3〜8月にドブガイ類などのイシガイ科の二枚貝を好んで産卵する。
雄は二枚貝の周りに縄張りをつくり、雌を二枚貝に誘導し産卵をします。

温厚な性格をしていますが縄張り意識が強い為繁殖期のオスは気性が荒く他のタナゴが近づくと追い返そうとします。

稚魚は3.4日程で孵化して3〜4週間で貝から出てくるので、繁殖させる際は水槽内に二枚貝を入れ1カ月程したら貝を取り出し別水槽に移すと良い。

バラタナゴの稚魚の成長記
www.tanagogo.work



バラタナゴの釣り情報

f:id:yumemiraitunagu:20200109015240j:plain

流れの緩やかな用水路や、ため池・湖・ホソなどに分布、止水域を好む 。
タイリクバラタナゴはコンクリートや水質の悪化に対する耐性、繁殖力の強さがあり、日本各地広域に生息している。

関東では近年霞ヶ浦で多く繁殖している。

食性は雑食で、自然界では藻類などを食べている。アカムシや黄身練りも食いつき易い口が小さいので黄身練りが釣り易い傾向にある。

バラタナゴ釣りの体験記です!
www.tanagogo.work


関連記事の紹介

他のタナゴの特徴を紹介しています!
www.tanagogo.work


タナゴ飼育水槽の作り方を紹介しています!
www.tanagogo.work

アブラボテの魅力も堪能してみませんか?
www.tanagogo.work


にほんブログ村 釣りブログ タナゴ釣りへ
にほんブログ村


小物釣りランキング