たなごGo!

たなご釣りの虜になった男の釣りバカ日記。たなごと一緒にシャドーシュリンプの飼育もしています!

ヤリタナゴの特徴 外観・飼育・繁殖・釣り情報を詳しく解説!

f:id:yumemiraitunagu:20200320021121j:plain


こんにちは!かつやんです!

一対の口髭や朱色に染まる尻鰭の婚姻色と特徴的なヤリタナゴ。
日本各地に生息しておりタナゴ釣りといえばヤリタナゴを指す事が多い。

分布域が広い為、地域によって形態や婚姻色の違いも多く見られるが、
体高が低く槍の先のような形をしている事がヤリタナゴの名前の由来と言われている。

比較的タナゴの中では大型で丈夫。
人工飼料にも慣れる為飼育もしやすくい。

釣りも飼育も楽しめる人気のヤリタナゴの魅力や特徴・飼育方法・釣り情報を解説します!
でわでわ、ヤリタナゴの世界を覗いてみましょう。

ヤリタナゴの特徴

f:id:yumemiraitunagu:20200320022553j:plain

 ヤリタナゴの特徴 ・ 体長10~13cmと大型。

・口角に1対の口髭がある。

・体形は側扁し、体高が低めで細長い。
 ※槍の先のような形をしている事からヤリタナゴの名前が付いた。

・体側に縦帯がない。

・体色は銀白色で、肩部に暗斑はない。

・背鰭と尻鰭の縁が朱に発色する。

・分布域が広く地域により形態や婚姻色の違いも多い。



ヤリタナゴの婚姻色

【ヤリタナゴ雄の様子】

f:id:yumemiraitunagu:20200320022611j:plain
参照: 淡水魚写真図鑑
繁殖期になると雄は体色は全体が暗緑色に、エラから胸部が色鮮やかな赤色に染まり、下腹部および腹鰭、尻鰭は黒くなる。
鰭は、背鰭前縁と尻鰭下縁が朱色に発色し、とても美しい。
タナゴの中でも婚姻色が出ていない時期と出ている時期の違いが一番差がある種でもある。
※ヤリタナゴは日本各地に分布する為雄の婚姻色は産地により多少の差異があるが、上記が最も多くの地域でも見られる特徴。

【ヤリタナゴ雌の様子】

f:id:yumemiraitunagu:20200320022603j:plain
参照: 淡水魚写真図鑑
雌は繁殖期の3〜8月少し短めのオレンジ色の卵管が出る。
又、雌は雄より少し黒がかった銀白色でヒレが黄色っぽい色をしており、生後一年ほどで卵管も出て産卵出来る様になります。



ヤリタナゴの性格・飼育方法

f:id:yumemiraitunagu:20200116234551j:plain

【性格】

性格は活発で泳ぎ回る。比較的丈夫で人工餌にも慣れやすく飼育は容易である。
カネヒラやアブラボテほどでは無いが大きくなるので飼育水槽は大きさに注意。

【混泳相手】

f:id:yumemiraitunagu:20200320022546j:plain
参照: 淡水魚写真図鑑
混泳は可能で、
同じタナゴ類ならカネヒラやアブラボテなどの大型からタビラや一文字などの中型も混泳可能。
その他のモロコ・クチボソ・オイカワ・ヨシノボリと混泳させる事が出来ます。
元気よく泳ぎ回るのでゆっくりおよぐ和金やヒレの長い魚等は極力避けた方がいい。

【飼育方法】

水質や水温にも強くとても飼育しやすいです。
餌は市販の顆粒で問題ありません。
遊泳力がある種なので飼育水槽に石など入れると身体をぶつけてウロコがボロボロになってしまう事もあります。レイアウトを組むなら60㎝以上の広い水槽が好ましいです。

みなさんのたなご水槽でも魅力的なヤリタナゴを飼育してみませんか??



ヤリタナゴの繁殖方法

f:id:yumemiraitunagu:20200320022557j:plain
参照: 淡水魚写真図鑑

【自然界での繁殖】

春・夏型の産卵で3〜8月にドブガイやマツカサガイ等の二枚貝を好み産卵する。
孵化稚魚は1ヶ月ほど母貝で過ごし浮出する。
1年で成熟し繁殖出来るようになります。
自然界での寿命は約2〜3年といわれてます。

【飼育水槽での繁殖】

水槽内で繁殖させたい場合は、飼育水槽に二枚貝を入れると、雄は二枚貝の周りに縄張りをつくり、雌を二枚貝に誘導し産卵をします。
3.4日かけて何度かにわけて卵を産みつけます。

繁殖させる際は水槽内に二枚貝を入れ1カ月程したら貝を取り出し、貝を別水槽に移し1ヶ月程観察。稚魚が浮上したらまた繁殖水槽に入れるという作業を繰り返します。
水槽内で稚魚が孵化すると親魚に食べられてしまうリスクと飼育水槽内で貝が死ぬと水質が一気に悪くなり親魚諸々が死んでしまうケースがある為。



ヤリタナゴの釣り情報

f:id:yumemiraitunagu:20200320022600j:plain
参照: 淡水魚写真図鑑

【分布】

ヤリタナゴは日本全国各地に自然分布している。
比較的多い種ではあるが外来種・河川の改修による母貝の減少、タイリクバラタナゴやオオタナゴの増加により年々少なくなっている。
大きな小沼より外敵の少ない用水路等で繁殖生存率している事が多い。

【釣り情報】

ヤリタナゴが好む場所は、流れが緩やかで水草の豊富な河川、湖、用水路等まるっきり止水よりも多少流れがある場所を好む。

食性は雑食で、小型水生昆虫や甲殻類、藻類等を食べる為河川の下流域や流れの緩やかな湖や池、湖沼などヤリタナゴの餌が豊富にありそうな場所を狙う。

夏場は岩場などの底石に藻が付着している多少流れの場所。
冬〜春は水草や植物や障害物があり隠れ家の多い流れの穏やかな場所が狙い目。

湖沼を狙うなら木の杭や沈んだ船の周り等に群れで泳いでいるケースがある。跳ねたり平打ちを見つけたらすぐ試してみましょう。

遊泳力があり移動範囲の広い種で、特に産卵期には二枚貝の豊富な水域を求めて活発に移動する為、春〜初夏は二枚貝の多い地域にまで移動して来る事がある。貝が生息する場所・稚魚の魚影のある所を狙うと普段はいない場所でも釣れる事がある。
アカムシや黄身練りの食いつきが良い。

【ヤリタナゴ釣りを2倍楽しむ】

ヤリはバラより引きが強くのグンとした引きの感触と、水面から上がってきたときの身体の特徴がバラとは別物。

又、大きな湖畔ではヤリは一文字やアカヒレと群れを成して泳いでいる為、
アタリが出たら超チャンス!

タナゴ釣り用の竿を使うと楽しさは桁違い、タナゴの繊細なアタリが手にビクビクビクっと伝わってきて。興奮は最高潮間違いなし!



関連記事の紹介

タナゴの種類や特徴について詳しく解説します!
www.tanagogo.work

キタノアカヒレタビラの特徴を紹介!
www.tanagogo.work

シロヒレタビラの特徴を紹介!
www.tanagogo.work

セボシタビラの特徴を紹介!
www.tanagogo.work

霞ヶ浦での体験記です!
www.tanagogo.work


InstagramTwitterはじめましたっ!

 Instagram https://instagram.com/katsuyan46
釣りや繁殖シーズンに入るので、
飼育写真や釣り写真をUP予定です!

 Twitter https://twitter.com/tanagokatsuyann
ブログやインスタ更新のお知らせを
リアルタイムで更新します!

是非フォローお願いします!

にほんブログ村 釣りブログ タナゴ釣りへ
にほんブログ村


小物釣りランキング