たなごGo!

タナゴ釣り&飼育のオリジナルバイブル!ビーシュリンプも飼育してます!

簡単自家製水槽蓋の作り方!コスパも機能も◎!


こんにちわ!かつやんです!

みなさんは水槽にちゃんと蓋してますか?
蓋してないと春先〜夏は魚が活性して飛び跳ねるので
水槽からとびだしてしまう事もあります。

お気に入りの魚いないな~なんて思ってたら水槽裏でみいらになってたとか悲しすぎますよね!泣

因みに室外で飼育する場合はガラス蓋はお勧めしません。
夏場は風通しが悪く蒸れるし、直射を浴びればレンズ代わりになりよろしくありません。

網で出来た風通しの良いものや直射日光が当たってしまう場合には断熱素材を使ったものが好ましいです。

今回はコスパも機能も◎の自家製水槽蓋の作り方を紹介します!

コスパ・機能抜群!水槽蓋の作り方


まずはこちらを用意します!
発泡スチロールはただで手に入るので実質100円以下で作れると思います。

 用意するもの ・発泡スチロールの蓋
・ガムテープ
・園芸用ネット
・カッター
・定規
・ハサミ
・ホッチキス



水槽にあった大きさの蓋を見つける。


水槽の大きさに合った蓋を探します。
60×30の水槽サイズもスーパーなどにおいてあります。


カットするサイズや断面を決める。


定規とカッターを使うと綺麗にカットできます。
直射日光が当たる人はカットする断面の大きさを調節すると良いでしょう。




枠を残してカットする。


うちの屋外水槽は朝の2時間ほどしか直写日光を浴びる事がないので、
外枠だけのこして大きくカットします!

あまりに外枠が細いと壊れやすいので5〜6センチは外枠を残しましょう。


ガムテープで周り(枠)を補強します。


黒が一番汚れが目立たずおすすめです。
全面テーピングすると破れない位強くなります。


カットした園芸用ネットを貼り付けます。


ホームセンターに行くと10センチ〇〇円で計り売りしてます。
丁度良い大きさにカットしたらホチキスの針で固定していきます。




最後に見た目よくテーピングして完成。


最後にテープで上から綺麗にテーピングします。
意外とテープとネットで重さもでるのでちょっとやそっとの風じゃ飛びませんが、あまりにも風の強い日は上から重りを置いたり一時的にテープで本体とつけるなどしましょう。


カットの仕方でバリエーションも豊富に。


うちは雨や直写日光がほぼ当たらないので風通しの良い仕様にしてますが、
雨や日差しが受けやすかったりするなら断面を半分にしたり、
ネットを2重にするなどして色々変更が出来ます。


まとめ

一個100円しない位で作れるのでとても財布にも優しいです!
また自分の都合に合ったものが作れるしそんな大変じゃないので
是非挑戦してみてね!


関連記事の紹介

タナゴの種類や特徴について詳しく解説します!
www.tanagogo.work

同じく発泡スチロールを作った簡易水槽の作り方です。
www.tanagogo.work

タナゴ飼育水槽の作り方を紹介しています!
www.tanagogo.work

霞ヶ浦での体験記です!
www.tanagogo.work


InstagramTwitterはじめましたっ!

 Instagram https://instagram.com/katsuyan46
釣りや繁殖シーズンに入るので、
飼育写真や釣り写真をUP予定です!

 Twitter https://twitter.com/tanagokatsuyann
ブログやインスタ更新のお知らせを
リアルタイムで更新します!

是非フォローお願いします!

にほんブログ村 釣りブログ タナゴ釣りへ
にほんブログ村


小物釣りランキング