たなごGo!

たなご釣りの虜になった男の釣りバカ日記。たなごと一緒にシャドーシュリンプの飼育もしています!

セボシタビラ繁殖法④水槽に二枚貝を入れて産卵させる方法!

f:id:yumemiraitunagu:20200322082150j:plain
こんにちわ!かつやんです!

二枚貝を入れたけど興味を示さない。
産卵した後貝が死んでしまった。

こういった不安や悩みを持つ方も少なくないなもしれませんが、
今回は貝を入れるタイミングやその後の様子、産卵時に見せる行動を紹介します!

※因みに今回はセボシが落ち着いて交尾・繁殖出が来る様に水槽に苔を残したままですこし見えづらいかも知れませんが、ご了承ください!

まずは貝を1〜2個入れて興味を惹こう

貝は一気に全部入れず1〜2個入れましょう。
これは雌の卵管と雄の婚姻色を誘う狙いです。

二枚貝が水槽に入った直後はなんの興味も持たないのですが、数日経つと雄はガンガン婚姻色が出て雌はグングン卵管が伸びます。

貝は水槽内に餌が少ないと3週間程で餓死してしまう事も充分あり得る為、貝は水槽内に入れておくのは2〜3週間がマストです。
一度貝を水槽に入れて雄・雌を刺激します!


f:id:yumemiraitunagu:20200320094655j:plain

⇧上の写真は貝を入れて5日目です。

貝を入れて数日おく事でホルモンが刺激され、
雌は白い卵管が伸び尾びれに達しています。
雄は頬や目・背・尻鰭もより色が出てきます!
雄が複数飼育している水槽だと縄張り争いを始めます。


f:id:yumemiraitunagu:20200320094638j:plain

これくらい雄の色や雌の卵管が出てきたら
ここで産卵用の貝を本格的に入れていきます!

最初に入れた数個の貝は、一度貝水槽に戻し食事をとらせておくと良いでしょう。
※ここから約3週間入れてると最悪餓死してしまうおそれがある為。


繁殖に使うならカワシンジュが最強!

f:id:yumemiraitunagu:20200322062315j:plain

貝とタナゴとの相性もありますが、カワシンジュは興味を惹きやすく、取れる卵の数も桁違いです。

因みに最初に入れた二枚貝は『カワシンジュガイ』と『ニセマツカサガイ』です。

卵が取れる数、タナゴの興味が桁違いの最強二枚貝『カワシンジュガイ』と、
セボシと同じく九州に生息する比較的高温にも強いメリットがある『ニセマツカサガイ』という思わくでチョイスしてみました!


卵管が尾まで伸びたら貝を一気に入れる!

f:id:yumemiraitunagu:20200320094703j:plain

雄・雌の反応も良くなってきた所で貝をガッツリ入れていきます。

1ペア5個位の量でOK
複数ペアがいる飼育水槽の場合はオスの数×2〜3あると良いでしょう。

我が家はこのタイミングで貝5枚追加!
同じくこの
・カワシンジュガイ ×2
・ニセマツカサガイ ×3
を投入します!


↑貝の多さに驚く雌のセボシタビラ

更に卵管が伸びてテンションマックスです。
貝に更に興味を示す様になりました!




産卵直前のタナゴの行動

f:id:yumemiraitunagu:20200320094649j:plain

暫く様子を見ているとオス・メスのペアは
母貝を覗き込み始めます。

2匹でそろ〜っと貝を除いては散って
またそろ〜っと覗きに来ます。


f:id:yumemiraitunagu:20200320094652j:plain

暫くすると貝の上で求愛行動が始まります!

先程とは違い落ち着きがなくソワソワしています、雄も雌もお互い体を突きあったり、こすりつけて刺激します。

今までバラタナゴを繁殖させた時はこんな激しい動き見た事無かったので記念に動画を撮りました。動画はコチラから笑⬇︎

https://www.instagram.com/pB9725Iap0PX/
金曜の朝から激しい事。卵管と婚姻色でてきたから貝入れたらもぅすごい!苔はタナゴが俺の目を気にせずやれるように。これが男の気遣いさ!#セボシタビラ#カワシンジュ#ニセマツカサガイ#婚姻色#卵管#今夜は寝かせないよ #男の気遣い


タナゴの交尾の様子

f:id:yumemiraitunagu:20200322070222j:plain

その後の産卵シーンはほんの一瞬です。

雄が見守る中、雌が少し斜めになって貝にくっ付き卵管を貝に差し込み「ピクピクピクピクっ!」と痙攣したかの様な動きを見せ貝に産卵します。

すかさず近くで見ていた雄は平打ちするかの様に貝にアタックして精子を出して受精します。
その後雌が去った後も雄は何度も貝を覗きにきていて少しかわいい。笑

この行動は3.4日続き何度かに分けて貝へ産卵をして行きます?

このまま暫く2〜3週間水槽に貝を入れたまま様子を見ていきます。

その後は貝を貝の飼育水槽に移し、母貝から稚魚を浮出させ稚魚の育成に移ります。
次はまた3・4週後に報告したいと思います!




まとめ!

はいっ!という事で今回は
『セボシタビラ繁殖法④水槽に二枚貝を入れて産卵させる方法!』
を紹介させて頂きました。

貝を入れた直後は無反応すぎて不安になる方も多いと思いますが、
1週間程で雄は婚姻色が出て縄張りを作ったり雌は卵管がのびたりと急激に変化が見え始めます。

貝はやはり、高い水温・エサ不足による餓死が一番多い死因にも繋がるので
水槽内に入れるのはタナゴが繁殖行動を起こし始める直前から2〜3週間を見極めて投入する様にしましょう!

そして繁殖行動は数日かけて見られますので
貝を入れてから2.3週間は様子を見る様にしましょう!

関連記事の紹介

二枚貝を使った繁殖方法の紹介です!
www.tanagogo.work

霞ヶ浦での体験記です!
www.tanagogo.work

タナゴの種類や特徴について詳しく解説します!
www.tanagogo.work

タナゴの稚魚の育成日記です。
www.tanagogo.work

タナゴ飼育水槽の作り方を紹介しています!
www.tanagogo.work



InstagramTwitterはじめましたっ!

 Instagram https://instagram.com/katsuyan46
釣りや繁殖シーズンに入るので、
飼育写真や釣り写真をUP予定です!

 Twitter https://twitter.com/tanagokatsuyann
ブログやインスタ更新のお知らせを
リアルタイムで更新します!

是非フォローお願いします!

にほんブログ村 釣りブログ タナゴ釣りへ
にほんブログ村


小物釣りランキング