たなごGo!

たなご釣りの虜になった男の釣りバカ日記。たなごと一緒にシャドーシュリンプの飼育もしています!

カボンバの植え方・育て方・増やし方を紹介!

f:id:yumemiraitunagu:20200404203503j:plain
こんにちわ!かつやんです!

カボンバは、見た目も美しく比較的育成も容易な多年生の沈水植物です。

元々は北米原産の外来種ですが、カボンバは非常に美しく日本の河川を思わせる清涼感があり
別名『金魚藻』と呼ばれ金魚やメダカはもちろん日本淡水魚には定番の水草です。

比較的どこのペットショップでも販売店されているポピュラーな水草で日本淡水魚等の和風レイアウトには是非使いたい水草です。

ただ、草食性の強い魚には格好の餌となります。カネヒラをはじめとするタナゴ類、金魚等の魚は他の水草に目もくれず最初に引っこ抜かれては食べられる水草です。

捉え方次第ですが、魚の健康維持にもなり、低価格で美しく清涼感が出ると捉えるならコスパの良い水草です。

それでは詳しい特徴や育成、増やし方やレイアウトのコツを説明していきます。




カボンバの特長

   
名前 カボンバ
育成難易度 中~難しい
育成光量 20W2本~4本
CO2添加 添加しなくてもOK
生長速度 普通~遅い
植栽位置 中景〜後景
水温 15℃〜28℃
低床 増やすならソイル


カボンバは観賞魚水槽のライトがあって室内飼育であれば冬場の水温も耐えれるので枯れたり溶けたりする事はありません。

枯れる溶けるより金魚や中型の炭水魚と飼育すると抜かれて食べられてしまう。
そう言ったケースの方が多い。

ソイル底の水草水槽を作ってエビを10匹程入れておけばどんどん育ち増えます。
環境さえ整っていれば非常に簡単です。

カボンバは根が底床に根付いていないと育成でしないという点と
草食性の強い魚には食べられてしまうという点この2点が中々から飼育難易度が少し高いと言えます。



残留農薬処理をしよう。

購入した水草は害虫等から美しい外観を守る為に農薬が付着している場合があります。

ペットショップによっては残留農薬を処理済み
とか未処理と書いてある所もありますが、
念の為残留農薬処理をする事を進めます。

値段もリーズナブルなので水草その前にがお勧めです。

レッドピーシュリンプやミナミヌマエビ等の小さなエビ類は、農薬が付着した状態の水草を入れると、その農薬の影響で死んでしまう場合があります。
残留農薬の処理には水草その前にがおすすめです。

カボンバを植え込む手順。

●鉛とスポンジを取り除く。

f:id:yumemiraitunagu:20200402180211j:plain

ショップでカボンバを購入した際に、根本を固定している鉛とスポンジは
鉛などを巻いている部分から茎や根が腐ってしまう為綺麗にとりのぞきます。

●根の余計な葉を落とし茎をカットする。

f:id:yumemiraitunagu:20200402180228j:plain

下部から2茎分葉を落とし茎の先端は斜に角度をつけてカットします。
これはカボンバは浮力がある為、根付かせるには底床に6センチ程深く植える為です。
植える際葉っぱが地中に潜ると枯れて腐り水質悪化や茎にダメージを与えるのを防ぎます。

●カボンバの植え方は2通りあります。

f:id:yumemiraitunagu:20200402180215j:plain

カボンバを上記の様な状態にしてたら低床に植えていきます。

増やす為の根付かせる植え方か、
レイアウト用にまとめて美しく植えるか、
です。

簡単に違いを言うと増やす為には1本1本植えて株分けできる様に植えます。


レイアウト様には10本程束に纏めてモスコットン等で軽く縛り重りをつけ束で植える方法です。こうすると立体感が出ます。

順番にコツと違いを説明します。

●カボンバの植え方(根付かせる方法)

f:id:yumemiraitunagu:20200402180218j:plain

こちらは、カボンバの増やす為には底床に根付かせる必要があります。

根付かせる為には、
カボンバを一本ずつ植える必要があります。

カボンバは底床に根をはり、成長すると脇芽を出すので、重りを付ける。束ねて植えると根っこを張らず、根が出ても束ねた所や重りを乗せた所が腐ってしまう為です。

カボンバは浮力があるので垂直に植えると抜けてしまう為。斜めに刺していきます。

わかりやすく横から刺しましたが。
気になる方は後面から前面に向かって斜めに刺すと気になりません。

しっかり根を張ると斜めに植えた箇所も徐々に真っ直ぐに伸びてきます。

その後の増やし方、株分けの仕方はこちらの記事で紹介しています。
因みにカボンバを増やす場合は金魚、タナゴなど草食性の強い魚とは混泳できません。

水草育成用の水槽を設けるか、エビやメダカを育成する水槽で増やしましょう。



●カボンバの植え方(レイアウトの方法)

f:id:yumemiraitunagu:20200402180235j:plain
好みによりますがカボンバは7.8本束にし植えると非常に美しく植える事ができます。

この時はモスコットンで優しく結び束にして植えます。
長い短いを織り混ぜて結ぶと立体感を出す事ができます。
f:id:yumemiraitunagu:20200402180238j:plain

後景としても充分使えますし、
これは増えたカボンバを17本位束ねて植えた写真ですが
かなりボリュームを出せます。
軽く結んで植えると魚から抜かれにくくなるメリットはあります。
最終的には葉っぱだけ食べられて茎だけ残りました





苔が生えた時の対処法

カボンバは植物食性の強いタナゴ類・金魚の水槽に入れるとまず食べられます。
その為水草育成用水槽を作ってでカボンバを増やすわけですが。
生体のいない・少ない水槽では水草にコケが生えてしまう事があります。

【対処法】
エビに食べてもらうのが良い。
ミナミ又はヤマトヌマエビで対策ができます。
ミナミヌマエビを10程投入すれば食害もなくコケが生えず綺麗で美しい水草を維持してくれます。


カボンバが枯れる・溶ける時の対処法

カボンバは飼育条件が合わないと枯れたり溶けたりします。

主な原因は
光量・pH ・水温が合わないと枯れたり溶けたりします。

特にありがちなのは水温です。
特に冬場のカボンバは極端に成長が止まり黒く変色し徐々に溶けてしまいがちです。

また、普段は濃い緑色をしてますが薄黄色い黄緑色をしたらそれは光量が不足している証拠です。

pHはエビや魚が元気に泳いでいる時は問題ありません。珊瑚の砂など思いっきり酸性やアルカリ性に傾ける事さえしなければ心配する事はありません。

状況に応じてヒーターや光量を使いましょう。


まとめ

f:id:yumemiraitunagu:20200402180231j:plain

カボンバは日本淡水魚水槽には非常に使い勝手も良く
映える水草です。

飼育のデメリットは
飼育魚の種類にもよりますが植物食性の強い淡水魚には食べられてしまう事がある位でその他は比較的使い易く美しい水草です。

考え方によっては魚の栄養バランスが取れる、
美しい婚姻色が楽しめると考えたら全然デメリットでなくメリットともいえます。

比較的安価で購入出来るので一度使ってみてはどうでしょうか?



関連記事の紹介

タナゴの種類や特徴について詳しく解説します!
www.tanagogo.work

日本淡水魚水槽に!バリスネリア スピラリスの紹介です!
www.tanagogo.work

飼育難易度が最も簡単!アヌビアスナナプチは如何ですか?
www.tanagogo.work


タナゴ飼育水槽の作り方を紹介しています!
www.tanagogo.work


InstagramTwitterはじめましたっ!

 Instagram https://instagram.com/katsuyan46
釣りや繁殖シーズンに入るので、
飼育写真や釣り写真をUP予定です!

 Twitter https://twitter.com/tanagokatsuyann
ブログやインスタ更新のお知らせを
リアルタイムで更新します!

是非フォローお願いします!

にほんブログ村 釣りブログ タナゴ釣りへ
にほんブログ村


小物釣りランキング