たなごGo!

初心者向けアクアリウム情報を配信してます!

 本サイトはプロモーションが含まれています

ブセファランドラsp.ビブリスの特徴・飼育・活着・増やし方!


こんにちわ!かつやんです!

ブセファランドラはボルネオ島に自生しているサトイモ科の植物です!
白い花を咲かせたり、葉にラメが入りとても美しい外観をしています!

種類によって葉の形状や色合い、大きさ等も様々です。

流木や石に活着出来る為、レイアウトも幅広く人気があり、高光量・CO2添加不要で飼育出来る為初心者の方でも比較的飼育のしやすい種類です!

今回はブセの中でも細葉で強めのウェーブが特徴、落ち着いた色合いと程よいラメ質を持つブセファランドラsp.ビブリスの特徴を紹介します!

落ち着いた印象の葉色とラメが美しい種類で、岩に活着させると渓谷に自生した自然の美を表現する様な美しさがあります。

この記事では詳しい特徴や育て方・増やし方・活着について詳しく解説します!


ブセファランドラsp.ビブリス【特長】

ブセファランドラsp.ビブリスの特徴
   
名前 Bucephalandra sp. Biblis
学名 Bucephalandra sp. 〜
分類 サトイモ科・ブセファランドラ属
分布 ボルネオ島
飼育難易度 ★★★☆☆普通
生長速度 ★☆☆☆☆遅い
育成光量 少なくてOK
CO2添加 添加した方が良いが、無くてもOK
植栽位置 前景〜中景


sp.ビブリス【外観】

ブセファランドラの中でも細葉でウェーブの強い葉を持ち、落ち着いた色合いが美しい種類。

葉のサイズは4cm程で背の高さは最大で10cm程ブセファランドラの中では中位のサイズです。
赤茶色の新芽が出ますが、経過と共に葉縁が強くなり深い緑色に変化します。控えめなラメが入りとても美しい種類です。

現地では渓流域などに群生しており、岩や流木などに活着していますが、とても自然な印象を表現し易い種類です。

もっと外観を見たい方は、コチラの記事に我が家のビブリスの写真を沢山載せています。
www.tanagogo.work



sp.ビブリス【成長・飼育】

成長は遅め・飼育は容易です

ブセファランドラの中でも花を咲かせ易い種類。

ブセファランドラは水草の中では珍しく水中で花を咲かせます。
水草の中でも花を咲かせる種類は少なく、とても幻想的です。

低床はソイル・砂・大磯など幅広い底床での飼育が可能です。
CO2や強い光量が無くても育成可能です。

冒頭にも書きましたが成長はかなり遅めです。
www.tanagogo.work



sp.ビブリス【飼育のコツ】

ブセファランドラは綺麗な水を好むので、水換え頻度は多い方が良い。
CO2を添加した方が成長促進効果が高く、より美しく育ちます。

成長が遅いので苔が生えてしまう事があり、ヤマトヌマエビ等の食害の無い苔取り生体を入れると良い。

ブセ飼育完全マニュアル
www.tanagogo.work


sp.ビブリス【コケ問題と対策】

ブセはコケ対策が必須です!
ビブリスに限らずブセは成長が遅い為、コケ問題がついてまわります。
経験上茶ゴケ、スポット、糸状コケ、黒髭苔と殆どの種類のコケ害に遭う事があります。
特に一番厄介なのが黒髭コケで、定期的なフィルター清掃をしっかり行い予防しましょう!

【ブセファランドラ コケ対策】
  • 苔取り生体を導入する
  • 換水を定期的に行う
  • 照射量を減らす
  • 日光に当てない等





ブセファランドラsp.ビブリス【増やし方】

ブセファランドラは株分けで増やします
成長が遅いので時間はかかりますが、株分は比較的簡単です。

成長したブセファランドラの茎をカットして新たに石や流木に活着させて増やします。

コツはカットする前に充分に成長させてから分ける事
カットした側の株にも根が出ていれば問題なく活着します。

注意点は、株を傷つけるのはあまりよくないのでカットする場所や成長の度合いに注意しましょう。


sp.ビブリス活着させ方

元から生えてる古い仮根をカットして、流木や石にモスコットンやテグスで巻きつけ活着させます。

新しく生えてきた仮根が活着する為、元々生えていた根は短くカットして問題ありません。

【キレイに活着させるコツ】
  • 前・後・正面等、葉の向きも考えて活着させる
  • 活着時の美しさより成長後の伸び代を考える
  • 完全な活着には2カ月程かかる

ブセは完全に活着する迄2〜3ヶ月要するのでモスコットンでは活着前に溶けてしまう事があります。その為普通の刺繍糸やテグス等がおすすめです。
その後は成長と共により強固に活着します。

活着前に前・後、正面等葉の向きも考えて活着させましょう。

▼▼活着のコツはこちらで紹介してます▼▼
www.tanagogo.work


ブセファランドラ飼育の注意点

最後にブセの飼育の注意点の紹介です。
ブセの飼育は比較的簡単ですが、稀に枯れたり溶けたりする事があります。
滅多に溶けたり枯れる事は無いのですが、ブセはトリミング時に溶ける確率が非常に高くなります。
誤った方法をとると増やすつもりが溶かしてしまうなんて事も多いので気をつけましょう!

【ブセファランドラ 株分の注意点】
  • 状態が落ちてる時は株分け厳禁
  • 極力株を傷つけない様にカット
  • 充分に成長させてから株分けする
  • 株分け後、活着するまで飼育環境を変えない



ブセファランドラsp.ビブリス【レイアウト】


前景〜中景で活躍します

存在感が強く、美しい為ポイントで単体で置いても充分な存在感があり、美しいです。

石に活着させると自然の渓流域などを再現した様な美しさがあります。

強い光を必要としない特性を活かして他の水草が育たないような影になる場所にも配置することもできます。



ブセファランドラsp.ビブリス【購入】


ブセファランドラsp.ビブリスはアクアショップや通販で購入できます。

同じビブリスにも色々種類があり、ブセファランドラsp.ビブリスの他に
sp.ビブリス スカイブルー等があります。

メルカリやオークションでも購入できますが、出所が解らない物や品質・品種が正しいかの保証は無いので信頼できるショップで購入した方が良いです。



sp.ビブリス(レッド)
今回紹介した種類で深い緑の葉色をしています。少し赤みがあるのが特徴です。

sp.ビブリス スカイブルー
ブセファランドラの中でも鮮明な青緑をした葉を持ちます。形状はビブリスとほぼ同じですが色合いが美しい特徴があります。



まとめ


ブセファランドラは種類も多く『葉の大きさ・形・色』等が違います。

ブセファランドラsp.ビブリスは個人的にとても花が、咲き易い印象があります。

形状や色合いも美しく自然な印象を作り易い種類です。
白い花を咲かせた姿は幻想的ですよ!

単体でポイントとしても活躍します!
是非コレクションに入れてみてはどうでしょうか?
ブセファランドラの種類を紹介!おすすめ30選
www.tanagogo.work

3