たなごGo!

タナゴ釣り&飼育のオリジナルバイブル!ビーシュリンプも飼育してます!

シマカノコ貝の飼育方法や特徴・繁殖・脱走対策等詳しく解説!

f:id:yumemiraitunagu:20200510011215j:plain

こんにちわ!かつやんです!

今回は黄色みがかった殻に黒の縞模様が魅力的な
『シマカノコ貝』の紹介をします。

シマカノコ貝は東南アジアや日本の南西諸島にも生息している汽水性の巻貝で、石巻貝と並び水槽のコケとり係として有名です。

イメージ的には石巻貝と少し似ていて、コケ掃除能力が高かったり、飼育水槽で繁殖が出来なかったり似ている点も多くあります。

巻貝の中でも寿命が長かったり、熱帯魚のコーディネートに向いてたりと巻貝類の中でも重要な要素を合わせ持っています。

今回はそんなシマカノコ貝の飼育方法や生態や特徴、飼育の注意点等詳しく紹介したいと思います。


シマカノコ貝の特徴!

f:id:yumemiraitunagu:20200510011223j:plain

 シマカノコ貝の特徴 ・ 大きさ約3~4cm程。

・太めの黒いストライプ模様。

・水槽内で繁殖させることは出来ない。

・寿命は約1~2年程

・汽水性だが淡水でも飼育可。

・食性は雑食で苔や残餌を食べる。

・水の外も這って行動できる。

・東南アジアに生息する。

シマカノコ貝はカノコ貝科に 分類される巻貝の一種です。
東南アジアや日本の南西諸島にも生息している汽水の巻貝です。
※淡水でも飼育可能です。

外観は、貝殻の巻き数は3段程で、殻頂部から丸みを帯びた三角形をしており、黄色味がかった殻に黒の縞模様とカラフルな色合いが魅力的な種類です。
キラースネールが丸みを帯びたような色形をしている。

個体差によって縞模様の幅や柄が若干違うので数匹飼育していても面白い。
そして下部で説明するが、脱走の名人で水槽をよじ登って脱走するので蓋は必須です。




シマカノコ貝の飼育方法

f:id:yumemiraitunagu:20200510011211j:plain

シマカノコ貝はコケ取り能力も高く見た目が美しい事や、水槽内で勝手に繁殖もしない事から人気が高く、導入している人も多いです。

飼育できる環境や水質が弱酸性~弱アルカリ性を好み、水温は20℃~28℃位を好む為、熱帯魚全般と相性が良いです。

もともと汽水性の巻貝ですが広い水質に対応でき、水質や水温にも強く丈夫な貝です。寿命が約1~2年程で汽水に生息する貝の中では長い方です。

特徴が石巻貝に似ており、淡水魚なら外見的にも石巻貝。熱帯魚ならシマカノコ貝が向いている。

石巻貝はかなり安いが、寿命が1年。
シマカコ貝は石巻貝の倍はするが、寿命も倍。


シマカノコ貝に餌は必要?

特に気にしないでOKです。

基本的に苔を食すので、底床や水草・流木などがある状態なら気にする必要はない。又、他の生体と一緒なら残餌等も餌になる為気にしなくて問題ありません。

ただ、石と砂だけの何もない水槽では餓死してしまう為、水草は必ずいれる必要があります。

シマカノコ貝の混泳相手は?

シマカノコ貝は幅広く混泳が出来ます。

シマカノコ貝が何か生体を捕食することはありませんが、
肉食性の強い雑食のテナガエビやスジエビには捕食のターゲットになる事がありますので注意が必要です。


シマカノコ貝のコケ取り効果は凄い

f:id:yumemiraitunagu:20200510011208j:plain

シマカノコ貝のコケ取り能力は高いです。

水草や流木、石やガラス面等あらゆる所の藻やコケを削り取っていきます。
ヤマトやミナミ等のエビ類が苦手とするガラス面の掃除等も得意。
食欲旺盛で常に移動しながら通り道を綺麗にしてくれます。

雑食の為、コケの他にも残餌や魚の死骸なども食べてくれるので水槽の掃除屋さんとして非常に優秀。
コケとり用の貝として、石巻貝やレッドラムズホーンと並び人気の巻貝です。






シマカノコ貝の繁殖について

f:id:yumemiraitunagu:20200510011123j:plain

シマカノコ貝は水槽内では繁殖できません。

シマカノコ貝は自然界では卵から孵化した幼生(ベリジャー幼生)が海水で浮遊生活をして川に戻るという成長過程をたどる為、淡水の一般的な水槽内では孵化できないのです。

これは汽水に生息する貝にはよくある事で等の種類にも当てはまります。その分汽水の巻貝はコケ取り能力は優秀です。

勝手に増えないという意味でメリットにもなりますが、繁殖できないという一つのデメリットとしても覚えておきましょう。


シマカノコ貝の飼育上の注意点

f:id:yumemiraitunagu:20200510011201j:plain

シマカノコ貝は脱走のプロ

カノコ貝の仲間は水中以外も短時間活動出来、カタツムリの様に這いながら水槽の上面まで登り、飛び出して干からびて死んでしまう事もあります。蓋(フタ)をするなどの注意が必要です。ガラスでも網でも蓋さえしておけばOK蓋を持ち上げてまで脱走はしません。

特にシマカノコ貝は水槽の外でも2日程生きていられる様です。

飼育するメリット・デメリット

シマカノコ貝を飼育するにあたっての
メリット・デメリットを解説します。

シマカノコ貝のメリット

・ 苔の清掃能力が高い。
・ 丈夫で水質に強い。
・ 水槽内で繁殖しない。
・ 水草への食害がない。
・ 色合いが美しい。
・ 寿命が1~2年と長い。
※ 汽水巻貝の中では長い

シマカノコ貝のデメリット

・ 飼育下では繁殖できない。
・ 水槽から脱出する事がある。
・ 低温が苦手で苔の食いが悪くなる。


見ての通り圧倒的にメリットの方が多いです、繁殖できないという点は人によってメリットでもデメリットでもあります。デメリット以上にコケ取り能力も高く値段も安いのでメリットの方が圧倒的に高い。

また、貝を繁殖させたい方には検討リストにレッドラムズホーンなどが挙げられますので、こちらの記事も宜しければご覧ください。
www.tanagogo.work



まとめ

f:id:yumemiraitunagu:20200510011205j:plain

シマカノコ貝は飼育が容易で、コケ取り能力が高く、おまけに見た目も美しいとかなりメリットがあります。
それだけでも充分な魅力ともいえます。

繁殖しない点は好みによって分かれます。
繁殖させたいならラムズホーン。
繁殖させたくないならシマカノコ貝が良いでしょう。

熱帯魚の水槽は勿論、ビーシュリンプとも相性が良いです!
冬場の屋外水槽以外であれば小型の日本淡水魚とも相性が良い。

水槽のボックスメイトとして一度飼育してみてはいかがでしょうか??
新たな魅力やコケ取り能力を実感できると思います。



InstagramTwitterはじめましたっ!

 Instagram https://instagram.com/katsuyan46
釣り・飼育・繁殖
美しいタナゴの写真をUP予定です!

 Twitter https://twitter.com/tanagokatsuyann
ブログやインスタ更新のお知らせを
リアルタイムでお伝えします!

是非フォローお願いします!

にほんブログ村 釣りブログ タナゴ釣りへ
にほんブログ村


小物釣りランキング