たなごGo!

タナゴ釣り&飼育のオリジナルバイブル!ビーシュリンプも飼育してます!

ゼニタナゴの特徴 外観・飼育・繁殖・釣り情報を詳しく解説!

f:id:yumemiraitunagu:20210314235245j:plain
こんにちわ!かつやんです!

今回はタナゴの中でも非常に希少価値が高く、小さなウロコが印象的なゼニタナゴを紹介します!

秋型産卵の珍しいタナゴで現在は自然界には殆ど分布はしておらず、秋田や宮城等の東北地方のごく一部でしか見る事ができません。

婚姻色はピンクや紫色の美しい色合いが美しく正に日本の美!
現在は市場にもあまり出回らず、タナゴファンにはたまらない種類です。

今回はそんなゼニタナゴの特徴や飼育方法・繁殖について紹介します!


ゼニタナゴの特徴

f:id:yumemiraitunagu:20200212164739j:plain
参照: 東京ズーネットHP

ゼニタナゴの特徴

 ゼニタナゴの特徴 ・ 体長6~9cmと小〜中型。

・体形は側扁し、体高が高い。

・タナゴ類の中では最もウロコが細かい。

・各ウロコが黒く縁取られる。

・体色は銀白色、肩部に斑紋がある。

・背びれと尻びれは大きく伸張する。

・東北地方の日本海側に分布している。


   
分類 コイ目 コイ科 タナゴ属
育成難易度 ★★★☆☆ 普通
寿命 2~3年前後
水温 10℃〜30℃
性格 気性は普通
混泳 小~中型のタナゴ◎
産卵時期 【秋型】 9~11月
繁殖難易度 ★☆☆☆☆ 難しい



ゼニタナゴの婚姻色

【ゼニタナゴ雄の様子】

f:id:yumemiraitunagu:20210314235248j:plain
参照: Charm
繁殖期の雄は口先に追星が現れ、鰓ぶたから下腹部にかけて紫〜桃色になる。

地域により発色に差があるが、細かい鱗は黒く縁どられ、背・尻鰭の柄と婚姻色は芸術的に美しく正に日本の美を感じます。
タナゴの雌だけでなく愛好家の目も釘付けにしそうです。笑

【ゼニタナゴ雌の様子】

f:id:yumemiraitunagu:20210314235252j:plain
参照: Charm
雄同様細かい鱗が特徴的で、鰭は黄色っぽい色をしている。
雄のような鮮やかさは無いが、黒く縁取られた細かい鱗が燻銀のようななんともいえないシブい色合をしている。

雌は秋型産卵の為、繁殖期の9〜11月に卵管が出て最大伸長時には尾びれの先より長くなる。




ゼニタナゴの性格・飼育

f:id:yumemiraitunagu:20210314235255j:plain
参照: 淡水魚写真図鑑

【ゼニタナゴの性格】

比較的大人しい性格をしており、大きさも6〜9cm程。
現在出回っている個体は殆どが養殖個体の為人工飼料にも良く慣れる。

温和な性格で、他の魚への攻撃性は低い。
他のタナゴ類や小さな小魚とも混泳ができます。
繁殖を考えるなら1~2ペアでの飼育が好ましい。
雄の割合を増やすとケンカになるので注意。

【ゼニタナゴの混泳相手】

繁殖を狙うなら同じ秋型産卵のカネヒラ等は相性が良くありません。
出来れば他のタナゴ類とは混泳せず、ヌマエビやコケ取り生体の貝、ドジョウ等がおススメです。

繁殖時強い個体が貝を独占し縄張りを作ります。
弱い個体は追い払われ産卵が出来ない事もあります。
どうしてもタナゴと混泳させたい場合はカゼトゲタナゴ等が希少も大人しく繁殖時期も異なるのでお勧めです!

★混泳相手をお探しならコチラをどうぞ!
水槽の苔対策におすすめの貝やエビを紹介!飼いたい混泳相手15選!

【ゼニタナゴの飼育方法】

水槽は60㎝がオススメです。
正直45㎝でも充分飼育可能ですが、繁殖を考えていて二枚貝を入れるなら60㎝位が良いでしょう。
飼育自体は難しくないですが、希少価値も高いので水槽内で2枚貝が死んで水質が悪化したり死なせてしまうのは勿体ないからです。
※水槽が小さいと水温・水質も変化も激しく貝が死にやすい


低温には強く、屋外でも飼育可能です。
日陰のなるべく寒暖差のない場所で飼育をしましょう!
冬は餌を与えなくても水槽内の藻やプランクトンを食べて過ごします。

室内飼育の個体は餌は市販の顆粒を食べます。
タナゴをより美しく育てるおススメの餌はコチラです。
www.tanagogo.work


ゼニタナゴの繁殖方法

f:id:yumemiraitunagu:20200212170506j:plain
参照: 東京ズーネットHP

【自然界での繁殖】

珍しい秋型の産卵で9〜11月にイシガイ、カラスガイ、ドブガイ等の二枚貝を好み産卵する。
※秋に産卵するタナゴ類はカネヒラ・ゼニタナゴ・イタセンパラの3種。

産卵後1週間程度で孵化するが、稚魚は母貝内で越冬する。翌春4〜5月に9mmほどの稚魚が母貝から浮出する。
この方法は産まれてきたばかりの稚魚を外敵から守ったり冬場の水温から稚魚を守る意味合いがあるが、現在同じ秋型産卵のイタセンパラは絶滅危惧種になっている。

この原因には貝自体が越冬前に死んでしまったり、コンクリート化が進み貝自体が少なくなってきている傾向がある。
残念ながら自然界では目にする事は殆どありません。

【飼育水槽での繁殖】

特に秋型産卵のゼニタナゴは特に難しい。
水槽内で繁殖させたい場合は、本種1ペアと貝を10個ほど入れておく。

飼育水槽に二枚貝を入れると、雄は雌を二枚貝に誘導し産卵します。
9月下旬頃から水槽内に二枚貝を入れ2カ月程したら貝を取り出し、貝を別水槽に移し半年経過を見る。
室内飼育であれば翌春3〜4月に稚魚が母貝から浮出する。

ポイントは2つ
・卵を産み付けすぎるので貝の数を増やす。
・貝が春前に餓死する事もあるので注意。

如何に貝を死なせない様にするかが重要です。
無事成功すれば貝一個から10匹程稚魚が出てきます。


【おすすめ二枚貝】

私の経験上繁殖最強のカワシンジュ貝を贅沢に投入すると良い。
カワシンジュは高温には弱いが冬場の低温には強くタナゴの興味も惹きやすい。




ゼニタナゴの釣り情報

【分布:現在は東北のごく一部にしか生息していない】

f:id:yumemiraitunagu:20210315003616j:plain

昔は関東近辺から東北地方に生息していた。

Wikipediaによると、
"本種は佃煮などで食用にも供された他のタナゴ類よりも苦みが強いため、手賀沼などでは鶏の餌にしていたという。"
【参照:Wikipedia】
鳥の餌ってありえん笑

しかし現在は、埋め立て開発や水路の護岸化、さらに外来魚による食害を受け、個体数が激減し自然界からはほぼ絶滅状態である。
絶滅危惧IA類 (CR)(環境省レッドリスト)に指定されており、絶滅一歩手前状態です。

【釣り情報】

自然界ではそうそう出会う事は出来ない。
河川の下流域や、溜池などの比較的流れの穏やかなところを好み生息する。
現在は秋田や宮城の一部の地域でにしか生息しない。

秋田県では『ゼニタナゴ』『キタノアカヒレタビラ』『シナイモツゴ』の捕獲は禁止になっている。

ゼニタナゴの販売店

アクアショップでもそうそう見かけない。
ネットショップを利用するか、専門店を探すのが良い。

時期によっても入荷がある無い時がある。
出来る限り当歳魚を購入した方が鑑賞を長く楽しめます。




まとめ!

ゼニタナゴは非常に気性で美しい為非常に人気があります。

日本淡水魚特有の美しい婚姻色を見ることが出来ます。飼育していても惚れ惚れしてしまいます。

日本淡水魚が好きな方には是非お勧めです。
タナゴラヴァ―が最後にたどり着くタナゴですね!

あなたにおススメ関連記事の紹介!



タナゴ18種!種類や特徴を徹底解説
婚姻色の美しさを堪能しよう!
www.tanagogo.work


釣りを二倍楽しむならタナゴ竿使ってみませんか?
2,000円~買える初心者向けから本格竿まで良いものを紹介します!
www.tanagogo.work


タナゴの飼育に適したエサを紹介!
タナゴを美しく大きく育てたい方へ!
www.tanagogo.work


二枚貝を使った繁殖方法の紹介です!
二枚貝を使った繁殖のまとめページです。
www.tanagogo.work

InstagramTwitterはじめましたっ!

 Instagram https://instagram.com/katsuyan46
釣り・飼育・繁殖
美しいタナゴの写真をUP予定です!

 Twitter https://twitter.com/tanagokatsuyann
ブログやインスタ更新のお知らせを
リアルタイムでお伝えします!

是非フォローお願いします!

にほんブログ村 釣りブログ タナゴ釣りへ
にほんブログ村


小物釣りランキング