たなごGo!

たなご釣りの虜になった男の釣りバカ日記。たなごと一緒にシャドーシュリンプの飼育もしています!

アカヒレタビラ3亜種識別!ミナミもキタも一目でわかる識別法紹介

f:id:yumemiraitunagu:20200327153827j:plain
こんにちわ!かつやんです!

今回はアカヒレ3亜種の見分け方を解説したいと思います。

そもそもタビラ5亜種といって
アカヒレ3亜種にシロヒレ+セボシを含めた5亜種が存在します。

シロヒレタビラとセボシタビラは
鰭の婚姻色や背鰭の黒斑から一目で区別が付きやすいのですが、
アカヒレ3亜種はかなりマニアックな人でないと区別がつきません。

基本生息地が違うので、とれた産地で区別をしますが、
今回は外観の違いや特徴を紹介したいと思います!

アカヒレ3亜種とは??

同じアカヒレタビラでもよく似た亜種として
・ミナミアカヒレタビラ
・アカヒレタビラ
・キタノアカヒレタビラ
の3亜種が存在します。

因みに並び順は順不同ですが、
この後何枚か写真を用意してます。
その際に、個人的にミナミは一目で解るので最初に、
アカヒレとキタノは上下で見比べないと解りずらかった為、
この並び順番にしました。
ではそれぞれの違いを産地から順番に見ていきましょう!



産地による分別。

アカヒレタビラ3亜種はそもそも分布地域が違います。

・ミナミアカヒレタビラ
分布:山陰地方〜北陸
主な産地:島根、鳥取、兵庫、福井、石川、富山

・アカヒレタビラ
分布:関東〜東北地方太平洋側
主な産地:青森、岩手、宮城、栃木、茨城

・キタノアカヒレタビラ
分布:北陸〜東北地方日本海側
主な産地:秋田、山形、福島、(新潟)

それぞれ自然分布している地域が違います。
因みに新潟は所により、キタノもミナミも分布する為(北陸産は不明瞭)
比較的北部にキタノ、南部にミナミと別れる。


アカヒレ3亜種は尻鰭が見分けやすい。

同じアカヒレタビラでも3亜種存在しており、
それぞれ産地によって特徴・生態が違います。

産地以外に一番見分けやすいのが尻鰭です。
f:id:yumemiraitunagu:20200317233059j:plain

※3亜種の分別は尻鰭が一番わかりやすい。
※雄に限り有効、臀鰭の縁取りの色合い。

・ミナミ  → 白鰭にピンクの縁
・アカヒレ → 赤鰭に白の縁
・キタノ  → 赤一色


体高も見分けやすいポイント

キタノアカヒレはマタナゴに次いで体高が低い事で有名。
これは実際見比べると分かりやすいですが単品だと見抜きにくいです。
f:id:yumemiraitunagu:20200327104049j:plain
キタノアカヒレタビラだけ体高が特に低く、
頭と胴体の、曲線が滑らかです、腹側に丸みは無く少しシャープです。
アカヒレやミナミはキタノに比べ体高が高く丸みを帯び、
背側・腹側が上下均等に丸く矢尻の様な形になる。

・ミナミ  → 高め 
・アカヒレ → 高め
・キタノ  → 最も低い

因みに『キタノ』はタナゴ18種の中でも2番目に体高が低い。
マタナ→キタノ→セボシの順に体高が低く実際見比べるとよくわかります。





関連記事の紹介

タナゴの種類や特徴について詳しく解説します!
www.tanagogo.work

アカヒレタビラの特徴を紹介!
www.tanagogo.work

ミナミアカヒレタビラの特徴を紹介!
www.tanagogo.work

キタノアカヒレタビラの特徴を紹介!
www.tanagogo.work

シロヒレタビラの特徴を紹介!
www.tanagogo.work

セボシタビラの特徴を紹介!
www.tanagogo.work

霞ヶ浦での体験記です!
www.tanagogo.work


InstagramTwitterはじめましたっ!

 Instagram https://instagram.com/katsuyan46
釣りや繁殖シーズンに入るので、
飼育写真や釣り写真をUP予定です!

 Twitter https://twitter.com/tanagokatsuyann
ブログやインスタ更新のお知らせを
リアルタイムで更新します!

是非フォローお願いします!

にほんブログ村 釣りブログ タナゴ釣りへ
にほんブログ村


小物釣りランキング