たなごGo!

タナゴ釣り&飼育のオリジナルバイブル!ビーシュリンプも飼育してます!

イチモンジタナゴの特徴 外観・飼育・繁殖・釣り情報を詳しく解説!

f:id:yumemiraitunagu:20200325175708j:plain
こんにちわ!かつやんです!

今回は桜や新緑、日本の春を連想させるピンクや緑の婚姻色。
そして体側に栄える青緑色の長い縦条、
和名『一文字タナゴ』を紹介します!

自然界には琵琶湖を中心に西日本に生息しております。
ちなみに滋賀県では「指定希少野生動植物種」として条例により捕獲等が禁じられています。

釣りをするなら隣の岐阜等に県をまたぐ必要があります。

そしてイチモンジタナゴの雌はタナゴ類の中で卵管の長さが最長だったり知れば知るほど面白い生体です!
そんな魅力たっぷりのイチモンジタナゴの世界を覗いてみましょう!

イチモンジタナゴの特徴

 イチモンジタナゴの特徴 ・ 体長6~8cmと小型〜中型。

・口角に1対の極めて短い口髭がある。

・体形は側扁し、体高は低め。
 ※ ヤリタナゴに近い体型。

・体側にくっきりとした青緑色の長い縦条が特徴!
 ※これが「一文字」の由来である。

・体色は銀白色、肩部に青い斑紋は無い。

・背鰭と尻鰭更に尾鰭の縁までピンクに発色する。
 ※尾鰭まで発色するのはイチモンジだけ!

・ 雌の産卵管の長さはタナゴ類最長。

・「指定希少野生動植物種」として
 条例により滋賀県では捕獲等が禁じられている。



イチモンジタナゴの婚姻色

【イチモンジタナゴ雄の様子】

f:id:yumemiraitunagu:20200325173003j:plain

参照: 淡水魚写真図鑑
繁殖期を迎えた雄は体色が背部が明るい緑色、腹部はピンク色に、
背鰭と尻鰭は縁部分だけがピンク色に染まり、
日本の桜と新緑を思わせる色をしている。
更に尾鰭の先端まで染まるのはタナゴの中でも一文字だけ!
体側の青緑色の長い縦条『一文字』がくっきりと映えとても美しい婚姻色です。
春を連想させる様な色合いです。

【 イチモンジタナゴ雌の様子】

f:id:yumemiraitunagu:20200325170844j:plain
参照: 淡水魚写真図鑑
イチモンジの雌も体側に美しい一文字がある。
控えめな一文字模様は日本の美ですな!
雌は春型産卵で繁殖期の4〜7月にかけ卵管が出る。
そしてイチモンジタナゴの雌の産卵管の長さはタナゴ類最長!
体長を超える長さの産卵管を持つものもいる。




イチモンジタナゴの性格・飼育

【性格】

比較的温和な性質であり、
大きさも6~8cmと小型〜中型
複数での飼育が可能。
大きめの水槽に入れると子供の頃は群で泳いだりする。


【混泳相手】

貝やエビ類と混泳が可能。
他の魚や、タナゴ類と混泳も出来ます。

自然界でもヤリタナゴ の群れに混じって泳ぐ事もあるらしく同じタナゴ同士でも混泳ができます。

しかし混泳水槽に貝を入れておくと交雑する場合がありますので念頭に!
自然界でも自然交配でヤリイチモンジが釣れたとかの報告もあります。


【飼育方法】

成長しても大きさも6〜8cm程の為
複数での飼育が可能です。

4ペア程で飼育する場合や繁殖を考えているなら
水槽は60㎝以上の深めがオススメです。

温和なで人工飼料にもよく慣れるため飼育は容易。

葉の柔らかい水草は好んで食べますので、
隠れ家や餌として入れてあげると良い。
室内飼育の個体は平均3年〜4年は生きます。




イチモンジタナゴの繁殖方法

f:id:yumemiraitunagu:20200213194043j:plain
参照: 三重県総合博物館HP

【自然界での繁殖】


春〜夏型の産卵で4〜8月にピークを迎える。
ドブガイ、カラスガイ、イシガイ等の二枚貝を好み産卵する。一度の産卵で1~4粒の卵を産みつけ、これが何度か繰り返される。

産卵後2.3日で孵化する。
その後1ヶ月で8 mm程に成長し、
稚魚が母貝からでてくる。
1年で4cm、2年で6〜8cmの大きさとなり成熟する。自然界における寿命は2年前後

【飼育水槽での繁殖】

水槽内で繁殖させたい場合は、
極力早期4〜5月に産卵をさせるのが好ましい。

他のタナゴに比べイチモンジは4〜8月とピークを迎えるのが遅く為産卵シーズンは夏場に差し掛かる。

7月〜8月は90cm以上のサイズの水槽か冷却器を入れた水槽でも無い限り貝を生かしておける水温を維持できないのだ。

イチモンジは産卵時期が非常に分かりやすく
4月を迎える頃、雄は腹部などに赤みが増し、しりびれの縁はピンク色に変わり、各ひれも赤っぽく色づく。
このタイミングで雌は卵管が伸びるので
この時期に貝を入れて卵を産ませると良い。

同じ水槽に複数のペアを入れて1ヶ月程で貝を出して様子を見ましょう。

比較的孵化までの過程が早く
産卵後3〜4週間(水温22度前後)で稚魚が出てくるので注意深く観察しましょう。

ポイントは如何に貝を死なせない様にするか。

※貝は24度以上水温があると死んでしまう確率が非常に高くなります。

5〜8月は特に難しい時期なので深めの水槽や大きめの容器を用意しましょう。




イチモンジタナゴの釣り情報

f:id:yumemiraitunagu:20200325170851j:plain
参照: 淡水魚写真図鑑

【分布】

日本固有種で、主に琵琶湖・淀川水系に分布する。
琵琶湖産コアユ稚魚の放流の際イチモンジが混入して広島県、富山、岡山、熊本と四国地方にも移入されている。
西日本を中心に生息しているが、

河川のコンクリート化から貝の生息地減少と共に生息範囲を狭めている。


【釣り情報】

外来魚やコンクリート化の影響から
琵琶湖では減少が著しく、滋賀県では
「指定希少野生動植物種」として条例により捕獲等が禁じられている。
釣りに行く方はご注意!


食性は雑食でアカムシやイトミミズなど動物食に偏りがち、自然界ではは藻類・プランクトン小型の甲殻類を食べている。

アカムシやグルテンの食いつきが良い。
水質の綺麗な用水路や、湖沼などの比較的流れの穏やかなところを好み生息する。

小さい頃は船泊り等の浅瀬でプランクトンや藻を食べている事が多く。
ヤリタナゴ 等と群で行動している事が多い。
ヤリが当たり始めたら一緒に釣れる可能性が高い。

釣りに行くのも勿論良いが、もし飼育目的であれば
養殖個体の方が病気のリスクも少なく
希少な生体を守る事が出来るので是非ネットショップを利用しましょう!

関連記事の紹介

タナゴの種類や特徴について詳しく解説します!
www.tanagogo.work

キタノアカヒレタビラの特徴を紹介!
www.tanagogo.work

シロヒレタビラの特徴を紹介!
www.tanagogo.work

イチモンジタナゴの特徴を紹介!
www.tanagogo.work

霞ヶ浦での体験記です!
www.tanagogo.work


InstagramTwitterはじめましたっ!

 Instagram https://instagram.com/katsuyan46
釣りや繁殖シーズンに入るので、
飼育写真や釣り写真をUP予定です!

 Twitter https://twitter.com/tanagokatsuyann
ブログやインスタ更新のお知らせを
リアルタイムで更新します!

是非フォローお願いします!

にほんブログ村 釣りブログ タナゴ釣りへ
にほんブログ村


小物釣りランキング