たなごGo!

初心者向けアクアリウム情報を配信してます!

 本サイトはプロモーションが含まれています

水槽の複数管理におすすめのエアーポンプ!水作 Air-Max12000c-4レビュー!


こんにちは!かつやんです!

今回は複数水槽管理をしたい方や大型水槽の管理をされる方向けに超強力なエアーポンプ『水作 Air-Max12000c-4』を購入したので徹底レビューしたいと思います!

今までエアーポンプは最大でも90~120cm用のものを使用していたが複数水槽管理をするとエアーの出力が足りなかったり、フィッシュレットを使用するには物足りず思い切って1分当たりの吐出量MAX12,000のモンスターエアーポンプ『水作 Air-Max12000c-4』に交換しました!

実際パワーは充分なのか?強力だと音や振動は大きいのか?
その他の機能や使ってみて感じた事について色々書いて行きたいとおもいます!


商品紹介『水作 Air-Max12000c-4』

       
商品名 水作 Air-Max12000c-4
サイズ 幅155×奥行155×高さ80mm
消費電力 50Hz…9.0w、 60Hz…8.0w
吐出量 50Hz…12,000cc/min、 60Hz…8,000cc/min
吐出口 4個
適合水槽 〜120cm


「Air-Max12000c-4」は水作から発売されている複数水槽管理や大型水槽向けの強力エアーポンプです。

メーカー表記の排出量は50Hzでなんと1分間に12,000cc!家庭用の中では間違いなく最強クラスのハイパワー超出力です!

エアー調節ダイヤルで吐出量の調節可能。
更に排出口が4口なので複数水槽管理にも非常に便利で使い分けもしやすいのが◎!
「Air-Max12000c-4」1個でかなりの数の水槽が管理できそうです。

更に防音パッキン付きの静音設計なので、この大きさとパワーで振動音はかなり静かです!

【使用感 … はじめに】
実際にレビューをしていきますが、「Air-Max12000c-4」は50Hzと60Hzで性能が異なります。

私の居住地域は『60Hz』の電気を使っているので1分辺り8,000ccの吐出量となります。

東日本の場合は『50Hz』になり、12,000cc
(数値上1.5倍)となります。



外観 … かなり大きい

サイズは幅155×奥行155×高さ80mm
購入前にわかってはいたが、実際目の当たりにするとかなり大きい!

通常のエアーポンプ2個分のダイヤフラムユニットが内蔵されている為、出力も大きさも通常の倍はありそうだ。

一応書いておくと開封すると付属品は本体と取説兼保証書だけが入っています。
※どのエアーポンプも一緒ですが、エアーホースやエアーストーン類は別売りです。


パワー … かなり強力


他と見比べると分かりやすいのですが、ボコボコとかなりパワフルです!

『底面濾過』と『フィッシュレット』等は直で繋ぐとかなりの効果を実感できます。投げ込み式フィルターの濾過ボーイやエアストーンであれば1口を2分岐するのが丁度良い位です。

エアーの力が強く水槽に水流をつくります。
流量を最低にしても結構強いので稚魚や水流に弱い生体がいるなら分岐等で流量(出力)を気をつけると良い。



静音性 … パワーの割には静か


このパワーでこの振動音はかなり静かな方です。他メーカーの静音性60㎝水槽用モーターに比べるとモーター音は大きい方です。

気になるのはモーター音位で、それに付随して聞こえる共振性の音はかなり小さいですね!
脚が少し長めに作られており、設置面に振動を伝えず吸収する役割をしている為だと思います。
直置きでも静かだがゴム板等の緩和材やタオルを敷くと尚静かになります。

これを言ったら本末転倒ですが、パワーが強すぎて泡の弾ける音やゴボゴボ・プクプク・チョロチョロと言った音は強くなります。
この泡の弾ける音がモーター音より大きく聞こえます。
また4つ吐出口があるので全てホースに繋がないとエアーの出る音がうるさく感じます。




吐出口×4、エアーダイヤルで強弱可能

このエアーポンプの1番の強みは、桁違いの吐出量&本体から直接出る吐出口が4つ付いてる点で
す。※この4つに強弱はなく、全て同じ強さのエアーが出る。

本体では4つの吐出口それぞれの強弱の調整は出来ない。強にすると全て強く、弱にすると全て弱くなる。

1個辺りの吐出パワーがかなり強いので、飼育生体や使用箇所が本体から近いなら分岐しても充分使えます。
複数管理してる人には特におすすめです!

上部にエアー調整ダイヤルが付いており、強にするとパワーは非常に強くなる。
弱設定でも音も静かでパワーも充分である。






分岐を使う事で更に便利に


分岐2又や3又を使っうとパワーバランスも取れて使い勝手が更に良くなる。

普通に直に繋ぐとエアーが強すぎる場合があるので、分岐を使って調節すると使い勝手がよくなります。

分岐は調整が出来るコックがついているものを選ぶと良い。
どのメーカーでも使用は問題ない。


フィッシュレットとも高相性!

エアーの力を利用した観賞魚の糞掃除『フィッシュレット』とも高相性です。
フィッシュレットは最小でも3,000㏄の吐出量が無いと使う事が出来ず、仮に吐出量が高ければ高いほど吸引力も上がるので相性は◎です。
www.tanagogo.work




管理できる水槽数


飼育生物やろ過装置にもよるが、下記を目安に複数水槽に使う事が可能。

120cm水槽なら1台
90cm水槽なら 1〜2台
60cm水槽なら 2〜4台
30cm水槽なら 6〜8台

水作 Air-Max12000c-4は、一台で大型水槽や複数管理が出来ます。
大型120㎝は一度も使ったことが無いのでお答えしかねますが、120㎝水槽で充分使えると思います。



水作 Air-Max12000c-4の購入方法

『Air-Max12000c-4』はネットでの購入がオススメです。
家庭用でもかなりの大型でホームセンターのアクアコーナーではあまり見かけません!
ネットでの購入をお勧めします!


使ってみての感想


僕は室内で30cm水槽4台とプレコ水槽のフィッシュレットに使用してますが充分すぎる濾過パワーがあります。

僕はシュリンプ水槽の底面濾過として使用しているので、▼下記のイメージで使用していますが、まだまだ余力を感じます。

①直、フィッシュレット30cm ×1台
②分岐、底面濾過30cmキューブ×2台
③直、底面濾過30cmハイタイプ×1台
④直、底面濾過30cm ハイタイプ ×1台

シュリンプ水槽の底面濾過等、極力パワーが必要なものが多いので直使用が多いのですが、ただのエアレーション目的なら分岐させてより多くの水槽を管理できそうです。


寿命は1年半〜2年

僕が購入したエアポンプは2022年6月に使い始め、2024年5月『約2年』で役目を終えました。

購入直後はものすごいハイパワーでしたが、連続して使用すると1年半で効果は弱まって行き1年半〜2年目にかけて一気に弱まった様に感じます。

シュリンプ水槽の底面濾過をメインに使用してきましたが、底面濾過が機能しなくなると一気にバクテリアが死んだり循環が悪くなり水質悪化が起こるので早めに交換をしました。

仮にメダカ飼育のエアストーン程度ならまだまだ複数管理でも使えると思います。

水作 Air-Max12000c-4は機能も良くパワーも強いのでおすすめです!
ただしどのエアーポンプも同様ですが1年半〜2年で購入当初の排気量は半分程度になってしまいます。
消耗品にはなるので、大体の使用期限の目安として考えておくとよいでしょう。

3