たなごGo!

初心者向けアクアリウム情報を配信してます!

 本サイトはプロモーションが含まれています

ガラス水槽とアクリル水槽買うならどっち?メリットデメリットを紹介


こんにちは!かつやんです!
アクアリウムを楽しむ際に1番最初に必要になるのが『水槽』です。
一概に水槽と言っても大きさ・材質・形状と様々あります。

水槽の大きさは飼育したい生体や飼育数、設置場所やレイアウトに応じて適切なサイズをえらびますよね!

では『ガラス水槽』と『アクリル水槽』はどういった基準で決めたら良い?それぞれの特徴・値段・寿命等選び方についてまとめました!


ガラス水槽のメリット・デメリット

材質がガラスで出来た水槽の事で、圧倒的に見た目がきれいです。
透明度が高く、美しさを重視したい方にはガラスがおすすめです!

ただし衝撃に弱く、割れやすい。欠けやすい。重い。等の欠点もあります。


 ガラス水槽のメリット ・透明度が高く見た目がキレイ
・傷つきにくく長持ち
・レイアウト水槽に向いている


 ガラス水槽のデメリット ・衝撃に弱く割れる事がある
・重い、持ち運びも不向き
・ガラス自体の劣化は無いがシリコンが劣化する





アクリル水槽のメリット・デメリット

アクリル水槽はガラス水槽と違い割れない事や、水槽自体の重量が軽く安全性・管理のしやすさがウリです。

割れない代わりに細かい傷が付きやすく、熱変化や褐色、劣化しやすい。その為4編に黒いフレームが付いている物が多くレイアウトを邪魔してしまう事もある。


 アクリル水槽のメリット ・割れる事がなく安全性が高い
・軽くて管理が楽
・上部濾過が使える


 アクリル水槽のデメリット ・細かい傷が入りやすい。
・熱による変化や褐色もある
・フレームがレイアウトの邪魔になる




ガラス水槽とアクリル水槽どっちが良い?


最初にメリットやデメリットを述べた通り、材質が違う為それぞれ一長一短あります。

個人的な見解ですが、用途や好みで使い分けすると良いと思います。

レイアウトや美しさを重視したいのであれば個人的にガラス水槽一択です。
しっかり管理が出来る玄人向けです。

生体の飼育や管理がメインであれば上部濾過等が使えて汎用性に長けたアクリルがおすすめです。
小さなお子さんがいたり、あまり慣れてない初心者さんに向いてます。




ガラス水槽とアクリル水槽の値段について


ひと昔前まではガラス製のが高かったんですが2023年頃からアクリルが高騰し、60cm以下の水槽であれば結果ほぼ代わりません。
90cm以上の水槽であればアクリル水槽の方が安くなります。

▲この現象はガラス水槽の場合90cmを越えると水圧がかかる為一気にガラスの厚さが厚くなる為です。

その他ADA等のハイブランド高級メーカーは最高級の材質を使用しているので値段は高額になりますが、一般的な水槽であればそこまで差が生じないのが現実です。

ガラス水槽とアクリル水槽の寿命について


これについては一概にポンと言えないんですが、同じ環境で使用したならガラス水槽のが長持ちです。

アクリルは経年劣化しますが、ガラスは経年劣化はしません。ただしガラス水槽でもガラスは劣化しないが、シリコンは劣化します。

アクリルでも溶剤接着や重合接着など種類にもよって多少差が出るのですが、例えば直射日光や紫外線を避ける。リセットの際砂や水を完全に抜いてから持ち運ぶ等の日頃の管理次第って所も大きいです。
一般的にアクリルは5〜7年、ガラスなら10年くらいが平均値って所です。


まとめ


それぞれのメリットやデメリットもあわせて説明しました!
一般家庭向きの30〜60cm水槽であればそこまで値段に差はありません。
結局のところは用途や監理のしやすさ等で自分に合ったものを選ぶのが良いと思います!


このブログではアクアリウム関係の情報を提供しています!
よろしければ是非読者になっていただけると幸いです!

あなたにおススメ関連記事の紹介!



流木が沈まない!お困りの方はコチラ!
www.tanagogo.work


流木のアク抜きでお困りなら
www.tanagogo.work


美しいタナゴ18種類を徹底解説!
www.tanagogo.work


観賞魚の苔対策パートナーはコレ!
www.tanagogo.work


飼育が簡単な観賞魚10選!
www.tanagogo.work

にほんブログ村 釣りブログ タナゴ釣りへ
にほんブログ村


小物釣りランキング