たなごGo!

たなご釣りの虜になった男の釣りバカ日記。たなごと一緒にシャドーシュリンプの飼育もしています!

釣ってきた魚(タナゴ )を水槽で飼育する際の注意点と飼育の仕方!

f:id:yumemiraitunagu:20200218034630j:plain

こんにちわ!かつやんです!

私は趣味で釣ってきた魚を数匹持ち帰って飼育しています!

自分で釣ってきた魚って思い入れがあるから余計可愛かったりします。

しかし、自然の川には病気や細菌がうようよしている事もあります。

間違っても釣ってきた魚をそのまま水槽にドボンしてはダメですよ!
慎重に飼育しましょう!


釣った魚は必ずチェックする。

f:id:yumemiraitunagu:20200218033712j:plain

釣った魚で家で観賞したいなぁって魚がいたらまずは厳選して選びます。

釣った魚全部持ち帰るとか考えないように!

本格的にブリード・繁殖している方は自然界の魚をいれたがりません。
病気を持っている魚が混ざっていると、
魚が全滅や水槽がリセットになる事はざらにあるからです。

■見るべきポイントは
・寄生虫等はいないか、
(稀に黒い点々が身体に付いてたらやめましょう。)
・鰭が切れていないか、
・口先が赤くなっていないか、
・白点病はないか、

目に見える項目で怪しいところが有れば自然界にすぐ返してあげましょう。

持ち帰るなら上の注意点は必ずチェックします。
おすすめはこの観察ケースに入れるとよーく見えますよ!

元気よくはねて飛び出す場合があるのでこのフタ付きがおススメ。



●持って帰るならせいぜい2〜3匹

f:id:yumemiraitunagu:20200218023020j:plain

タナゴは現在ただでさえコンクリート化や外来魚の影響で生息地が狭められています。
また釣りに来る為にも極力自然に返してあげるのがベスト!

また、家の水槽に入れる際に1匹でも病気を持った魚がいると水槽内に蔓延します。
1匹持ち帰るのと10匹持ち帰るのはリスクが違います。
本当に気に入ったオンリーユーを1匹迎え入れるのが良いかと思います。




川の水は絶対水槽に入れない!

f:id:yumemiraitunagu:20200218023045j:plain
いくらキレイな水だからと言っても
自然界の水には多くの微生物や雑菌は生息しています。

絶対に外の川の水を入れるのは避けましょう。

万が一水槽内で病気が発生した場合は
折角作った水も総取っ替えになりますので注意!
バクテリアやレイアウトなどもリセットする事になります。



飼育水槽に移すまでの手順

よく、急な水質の変化は良くないといいますがタナゴは比較的強いです。
点滴方等の水合わせをする必要はありません!
ではやり方をお伝えします。

①持ち帰ってきた川の水を少し捨て、
新しい飼育水を数回に分け徐々に入れて水合わせをします。


②温度合わせと水合わせが終わったら
飼育水槽に入れる前に一度バケツで薬浴します。


③薬浴水はバケツ等にカルキ抜きをした水を用意し規定の量の薬浴材を入れます。
グリーンアクアFなどの白点病予防の薬を入れておきます。


④魚を網で救って③で作った薬浴バケツに入れ3~4日置きます。


⑤ここでの薬浴は気休め程度ですが、ポイントは魚のフンです。
3~4日経つと異常なくらいバケツの中が魚のフンだらけになっているはずです。
一度ここで薬浴しながら魚の体内のフンや体内の水をだします。水の色が変わるくらいでます。

f:id:yumemiraitunagu:20200218023016j:plain
※この写真は1日ほどです。3匹でもこんなにフンがでます。

⑥最後に水温を合わせ水槽にINします。




もっとリスクを抑える方法!


例えば水草水槽で病気が発生した場合。
そのリスクは一緒に飼育している魚や生き物だけではありません。

水槽内に病原菌が住みついてしまい、
薬品や塩を水槽に入れると水草が枯れたり、折角育てたバクテリアが死んでしまったりとリスクが大きいです。

水槽を複数用意できる場合は、底砂に水草を1株植えた位の簡易水槽をつくり
1ヶ月程様子を見るのもアリです。

f:id:yumemiraitunagu:20200218034024j:plain
万が一病気が発生したとしても最小限の被害に抑える事ができます。

飼育は水が命なのでちゃんとした飼育水を作るには1.2ヶ月かかります。釣ってきた魚を飼育する際はよーく気をつけて入れましょう!

タナゴの飼育について


タナゴも種類によって性格は違いますが大半は温厚な性格をしてます。
しかし繁殖時期は縄張り争いをする為、雄・雌のバランスには気をつける。
複数飼育する場合は水槽は60cm以上を選びましょう。
各タナゴの特徴を紹介しています!
www.tanagogo.work


【混泳相手】

同じタナゴ類と混泳させる事が出来ます。
他にも大きさが同程度の淡水魚は飼育が可能です。
大きめのオヤニラミや肉食系の魚はタナゴが食べられてしまう場合もあるので相手の混泳魚は大きさに注意。

おすすめは、ミナミヌマエビやヨシノボリ、ドジョウ、二枚貝類と混泳をお勧めします。


【飼育方法】

f:id:yumemiraitunagu:20200218040344j:plain
水質にも強く、人工飼料にも馴れる為飼育自体は難しくないです。

室外・室内どちらでも育成が可能です。
室外で育成する場合は日陰のなるべく寒暖差のない場所で飼育をしましょう!
冬は餌を与えなくても水槽内の藻やプランクトンを食べて過ごします。


まとめ

釣ってきたタナゴも正しい方法で水槽に移す事で長生きします。
チョット気を使いすぎでしょ!って思うかも知れませんが

元から飼育していたタナゴも釣ってきたタナゴも
人間の管理一つで長生もしますし、死んでしまう事もあります。

魚を飼育する上で大切なのは水です!
是非飼育を考えている方は大切に慎重に育ててあげましょう!



関連記事の紹介

タナゴ飼育水槽の作り方を紹介しています!
www.tanagogo.work

コスパ安めで水槽台を強力にする方法!
www.tanagogo.work

霞ヶ浦での体験記です!
www.tanagogo.work

埼玉でタナゴ釣り情報
www.tanagogo.work


にほんブログ村 釣りブログ タナゴ釣りへ
にほんブログ村


小物釣りランキング