たなごGo!

タナゴ釣り&飼育のオリジナルバイブル!ビーシュリンプも飼育してます!

流木が沈まない!水槽に入れる手順と確実に沈める方法教えます!

f:id:yumemiraitunagu:20201008155618j:plain

こんにちわ!かつやんです!

水槽のレイアウトとして流木を用意したが、なかなか沈まず浮いてしまう方へ流木を沈める方法を紹介します!

流木は岩などと一緒に組み立てて立体感を演出したり、モスを巻き付けたり、水槽のレイアウトの幅を広げてくれる素晴らしいアイテムです!

実際流木はデザインだけでなく隠れ家や止水域として生体が落ち着いて暮らせる環境を作る事も出来ます。
アクアリウムに挑戦する方なら流木は使いたくなりますよね!

しかし、流木って簡単に沈んでくれるものもあれば、なかなか沈んでくれない物もあります。

今回は流木を使うのが初めての方向けに初歩的な導入前の下処理や基礎的な沈める方法から、「アク抜きや煮沸とやれる事はやったのに沈まない!」あらゆる手段を尽くしたが沈まない方へ、確実に流木を沈める方法等を紹介したいと思います。

参考程度にご覧いただければと思います。

流木が沈まない理由

主に流木内の空気が抜けておらず流木自体が浮力を持ち水に浮いてしまう事が最も多い原因です。

簡単に例えるとペットボトルに空気が入った状態と一緒で、空気を全て抜いてあげる事で自然と水に沈むようになる訳です。


流木を沈める手段は沢山ある

f:id:yumemiraitunagu:20200522231205j:plain

沈める手段は複数ありますが簡単に挙げると、
①水に漬ける。
②鍋で煮沸する。

それでも沈まない場合は以下の手段があります。
③レイアウトでカバーする。
④重りをつける。
⑤穴を開ける。

挑戦するなら順番的に①→②→③→④→⑤の順に進んで下さい!
基本的に流木が沈むまでの期間は材質や大きさによって変化しますが、1~2週間で沈むもの、半年~1年以上かかるものがあります。


①②で8割型沈む様になると思いますが、沈まない場合は③④の方法で組木したり岩にくっつけて沈めておくと1年程経った頃には完全に空気が抜けきって沈むようになったりします。




①水に漬ける

f:id:yumemiraitunagu:20200522231547j:plain
これは流木を導入する際の最もスタンダードな方法で誰もが必ず行う手順です。

簡単に出来て沈むまで放置しておくだけなので手間がかからないなどのメリットがあります。

【手順】
方法としては熱湯を張ったバケツに流木を入れて石等の重りを乗せて3日〜1週間漬け込みます。
流木の形状や大きさにより沈むまでの時間に差があり、小さい物は比較的早く、大きい物は時間がかかります。

※熱湯に入れる理由…
流木内に潜んでいる菌や害虫の殺菌、消毒にもなりますし、アク抜きや効果も高く、浸水速度も上がります。

【目安】
小さい物で3日、大きい物なら1週間〜1ヶ月かかる場合もある。

【ポイント】
量や大きさにもよりますが、大きい場合はスーパー等で無料で貰える発泡スチロールを使うと色も白いのでアクの出具合もひと目でわかる。


②鍋で煮沸する

次に有効な方法は、鍋に流木を入れ蓋をして煮沸させるという手段です。
何日も待てないよって方や、漬け込んだけど浮いてしまう流木に有効です。

【手順】
鍋に水を張って流木を入れる、煮沸と自然冷却を2〜3セット繰り返します。
煮沸する事で流木内に浸水しやすく、消毒・殺菌・アク抜き効果もあり短時間で効果を得る事が出来ます。

【目安】
おおよそ沸騰後30分→自然冷却。
再度沸騰30分→自然冷却。
小さい物で2セット・中程度なら3セットでかなりの効果があります。

【ポイント】
流木の樹脂なども出るし、自然流木は雑菌もいるので、使ってない古い鍋を使いましょう。

ガス代も結構使うので①を試して沈まない場合行うと良い。大きくて鍋からはみ出すと焦げたりするので大きい物は出来ません。



③レイアウトでカバーする

f:id:yumemiraitunagu:20200522231201j:plain
大きさ的な問題で煮沸できない場合や多少浮力のある状態でそのまま使用する方法です。
この方法で半年・1年とたつ頃には自然と沈むようになったりもします。

【手順】
これは浮力の強い流木を下部に配置して、上から石や、沈まない流木などを載せて、重りで固定する方法です。

沈めるのを諦めて下部で石などに強く釣り糸を巻きつけて強制的に沈めて更に上から流木を重ねたり、糸が目立たない様に水草でカバーすればある程度気になりません。


【メリット】
流木を傷付けず沈める事が出来る。
長い年月をかけて浮力が無くっている事もある。

【デメリット】
単体で沈められなかったり自由度の高いレイアウトが出来ない等のデメリットがあります。




④ 重りをつける

f:id:yumemiraitunagu:20200522231156j:plain

どうしてもレイアウトに拘りたい場合は、アクア用ボンド『アクアスケープ』を使用して、下部に石や重りをつける方法です。

【手順】
アクアスケープは粘着力が非常に強い為、濡れた素材を容易に接着することができます。
レイアウトを決め、底部にあたる場所にこのボンド(パテに近い)をつけて石や重りを付けて強制的に沈めます。

アクア用ボンドは他の生態に悪影響を与える成分もありませんし、水に強いので水流や年数劣化にも耐えます。

【メリット】
流木を傷付けず美しく沈める事が出来る。
付け方次第で、様々なレイアウトに対応出来る。
100%沈める事が出来る。

【デメリット】
外す事は出来るがそれなりにダメージは覚悟した方が良い。
頻繁なレイアウト変更は向かない。
接着力が強い分簡単に取る事は出来ない。
薄皮が剥がれたり、形状が複雑な場合は後が残る事もある。



⑤穴を開ける

流木に穴を開けて浸水箇所を増やす方法ですがリスクも大きいのでメリット・デメリットを考えた上で実行しましょう。


【手順】
流木のレイアウトを考え、背面や底面に当たるであろう場所に電動ドリルやキリ等で穴を開け空気を逃し、浸水箇所を増やす事で沈める手段です。

【メリット】
沈んでしまえば頻繁なレイアウトチェンジも容易。

【デメリット】
流木を傷つける事になる。
100%沈む迄にどれくらい穴を開ける事になるかかが判らない。
穴を開けすぎてヒビが入ったり割れるリスクもある。





番外編 石付き流木を購入する。

流木って割と値段するから拾ってきたり、拾ったものを自分で削ったり、買ったものにセメダインで石つけたり、ガス代かけて煮沸したり。

結局高くつくなら予め流木の土台に石が付いているものを買ってしまった方が実は良かったりもする笑。

底面に穴の開いた石をネジで固定している為確実に沈める事が出来る。
※形によってはアクアリウムセメダインで固定いた者もある

熱湯消毒したら軽く数日アク抜きして水槽にすぐ使えるのが良い。




まとめ!

f:id:yumemiraitunagu:20200522231153j:plain
流木が沈まない場合は上記の方法で大抵解決します。

因みに私も流木をレイアウトが好きで結構使いますけど、大きい奴は半年〜1年かかってようやく沈むものも多々あります。

小型の流木は煮沸方法で十中八九沈みますし、中〜大型で沈まないやつはアクアボンドがおすすめです100%沈みます。(沈まないやつは何しても沈まないので。)

一度こだわりの位置で暫く固定したい方や、頻繁にレイアウト変えたい方等人によって手法は違うと思いますが自分の用途に合った方法を選びましょう!


あなたにおススメ関連記事の紹介!



初心者向け!飼育の簡単な観賞魚
www.tanagogo.work


美しい水草水槽作りませんか?
www.tanagogo.work


観賞魚の苔対策パートナーはコレ!
www.tanagogo.work


バックスクリーンのおすすめはコレ
www.tanagogo.work



InstagramTwitterはじめましたっ!

 Instagram https://instagram.com/katsuyan46
釣り・飼育・繁殖
美しいタナゴの写真をUP予定です!

 Twitter https://twitter.com/tanagokatsuyann
ブログやインスタ更新のお知らせを
リアルタイムでお伝えします!

是非フォローお願いします!

にほんブログ村 釣りブログ タナゴ釣りへ
にほんブログ村


小物釣りランキング