たなごGo!

タナゴ釣り&飼育のオリジナルバイブル!ビーシュリンプも飼育してます!

オイカワの飼育・混泳・生息地・購入日本淡水魚徹底解説!

f:id:yumemiraitunagu:20200330142910j:plain
参照: 淡水魚写真図鑑

こんにちは!かつやんです!

今回はタナゴ同様美しい婚姻色を持ち、
釣りも飼育もファンが多いオイカワの魅力や特徴・飼育方法・釣り情報を解説します!

なんと言っても横長の大きな魚体に圧巻の婚姻色と釣りでも力強いヒキを見せてくれるので婚姻色全開のオイカワを一度釣ったらあの感動は忘れられません!
自然界ではタナゴと生息域が似ているのでタナゴ釣りをしていると出会う事がしばしばあります。

婚姻色の美しさからカネヒラやヤリタナゴ等、比較的大型の魚と混泳している方が多いです。

オイカワの特徴

 オイカワの特徴 ・ 全長15cm程の大きさになる。

・雄は色鮮やかな婚姻色をもつ。

・体は縦に細長い

・体色は銀白色、背中は青みがかった灰色をしている。

・大きな臀鰭が特徴。

・遊泳力が非常に高い。

・雄の方が尻鰭や体が大きい。

・繁殖期は春型で砂に産卵する。

オイカワの婚姻色

【オイカワ雄の様子】

f:id:yumemiraitunagu:20200330142900j:plain
参照: 淡水魚写真図鑑
春から夏にかけて繁殖期を迎えた雄は色鮮やかな婚姻色が出ます。
体全体が鮮やかな青に染まり体側に淡いピンクの横斑が数本入る。
三角形の大きな臀鰭が長く伸びます。
尾びれを除く全てのヒレがピンク色に染まります。
頭部や顎の周囲などに白色で円錐状の追星(おいぼし)を生じるのも特徴です。


【オイカワ雌の様子】

f:id:yumemiraitunagu:20200331171516j:plain
オイカワの雄と雌は繁殖期以外の時期は性別を見分けるのかなり難しいです。
婚姻色が出ない点や、雌は雄より小さく、臀鰭もオスより短くなっているので、雌のオイカワと雄の幼魚を見誤る事も多くあります。



オイカワの性格・飼育方法

f:id:yumemiraitunagu:20200330142906j:plain
参照: 淡水魚写真図鑑

【性格】

性格は活発で泳ぎ回る魚。
縄張り意識が強い性格の為、
水槽で複数飼育する場合は大きさや数に注意が必要。

【混泳相手】

混泳は可能で、オイカワと同様のサイズの川魚が好ましい。カネヒラ・ウグイ・アブラハヤ・カワムツ・フナ・ドジョウが適しています。

小さなヨシノボリ・エビ類・巻貝は混泳させると次々と食べられてしまいますので注意。

【飼育方法】

比較的水流を好み、遊泳力が強いので上部フィルターや底面フィルターで流れを作ると良い。

大きめの水槽60cm以上は必要。
可能であれば90cmや120cmが好ましい。
夏場の水温が上昇に弱いので注意が必要です。

遊泳力が高く水槽から飛び跳ねる事が多いので飛び跳ね防止としてフタのできる水槽を選びましょう。

餌は市販の顆粒で問題ありませんが、
自然界のオイカワは中々慣れません。
初めはアカムシなどで徐々に慣らしていくと良い。


【購入方法】

あまりペットショップでは見かける事は少ないです。
もし育成したいのであればネットショップで購入するのが1番安くお得です。

小さい個体であれば1匹400~500円程度の安価で購入できますので水草や、餌と送料の掛からない金額で購入するのが最も安価で安全です。

オークションでは基本送料のが高くついてしまう事や、自然界の個体であれば病気を持っている事もありますのであまりお勧めしません。




オイカワの繁殖方法

f:id:yumemiraitunagu:20200330142853j:plain
参照: 淡水魚写真図鑑 上:カワムツ 下:オイカワ

【自然界での繁殖】

5〜8月に綺麗な河川の砂に産卵する。
30cm程の平瀬で泥や藻の少ない砂質の土壌に限られます。
婚姻色の出た雄が縄張りを作り雌を呼んで産卵します。その際尾びれで砂を掻いて卵に少し砂を被せます。


【飼育水槽での繁殖】

水槽内で繁殖させたい場合は、水槽を二つ用意しましょう。
産卵水槽は大磯砂より細かい田砂の方が良い。

繁殖させる際は水槽内に婚姻色の出た雄と雌を1ペア入れます。交尾後は砂に卵が目視出来るので卵が確認できたら親魚を水槽から取り出します。4.5日で孵化しますが5.6mmの大きさの為フィルター等は止めて極弱めのエアストーンで飼育します。


オイカワの釣り情報

f:id:yumemiraitunagu:20200109194123j:plain

【分布】

オイカワは北海道と一部東北を除いた、国内全土でに生息します。
もともとは淡水魚の外来種、原産は朝鮮半島や台湾である。
※外来種ではあるが生態系への影響は少なく、日本で普通に見られる魚。


【釣り情報】

f:id:yumemiraitunagu:20200331171513j:plain

オイカワは完全な止水より、流れの緩やかな河川の下流域や湖や池、湖沼などを好みます。
遊泳力が高く移動範囲の広いので同じ河川や湖畔でも広い範囲で釣れます。

1年中真冬以外は釣れますが、5月〜8月上旬が繁殖期にあたり、この時期のオスは非常にキレイな婚姻色を持っています。

オイカワの仕掛けは、餌を使ったウキ釣り・ミャク釣りで釣る事ができ、アカムシ等の動物性の餌は食いつきが良い。

【オイカワ釣りを2倍楽しむ】

オイカワは10cm程に成長する為、
グングンとした引きの強さと水面から上がってきたときの雄の婚姻色の美しさは感動すら与えます!

タナゴ釣り用の竿を使うと楽しさは桁違い、
オイカワの強い引きが手にビクビクビクっと伝わってきて。興奮は最高潮間違いなし!



関連記事の紹介

埼玉のタナゴ釣りが楽しめるスポットはここっ!
www.tanagogo.work

タナゴの種類や特徴について詳しく解説します!
www.tanagogo.work

タナゴの稚魚の育成日記です。
www.tanagogo.work

タナゴ飼育水槽の作り方を紹介しています!
www.tanagogo.work

霞ヶ浦での体験記です!
www.tanagogo.work

InstagramTwitterはじめましたっ!

 Instagram https://instagram.com/katsuyan46
釣りや繁殖シーズンに入るので、
飼育写真や釣り写真をUP予定です!

 Twitter https://twitter.com/tanagokatsuyann
ブログやインスタ更新のお知らせを
リアルタイムで更新します!

是非フォローお願いします!

にほんブログ村 釣りブログ タナゴ釣りへ
にほんブログ村


小物釣りランキング