たなごGo!

初心者向けアクアリウム情報を配信してます!

 本サイトはプロモーションが含まれています

【ピンクラムズホーン】の飼育方法・繁殖・増えすぎた時の対処法


こんにちわ!かつやんです!

ピンク色が美しいの苔とり巻貝【ピンクラムズホーン】の飼育や特徴について紹介します!
ラムズホーンはその高い苔取り能力に加え、美しい外観を気に入って飼育している方も多く、貝類の中でダントツで人気があります!

名前の由来は見た目通り『ピンクの羊の角』
一般的に流通しているラムズホーンの改良品種でピンク色の可愛らしい貝です。

非常に丈夫で、幅広い環境下で飼育が出来ます。
メリットでもデメリットでもあるのですが、2匹以上いると簡単に繁殖し増える事が出来ます。
この記事では飼育方法や繁殖・特徴について紹介したいと思います。


ピンクラムズホーンの特徴!

 ピンクラムズホーンの特徴 ・ 全長最大で3cm程。

・乳白色の殻にピンクの体が特徴

・繁殖力が非常に強い

・寿命は1年程

・丈夫で水質や水温に強い

・食性は雑食で苔や残餌を食べる

・苔対策としても非常に有効

・東南アジアの熱帯に生息している

もともとは東南アジアの熱帯に生息している インドヒラマキガイという巻貝が原種で、その個体のアルビノ個体を品種改良により固定したものです。

現在赤・青・ピンクのラムズホーンがおり、名前の最初に色がつく形で販売されています。

本来は温暖な地域の貝の為、熱帯魚やレッドビーシュリンプとの相性が良いが、丈夫で幅広い水温にも対応出来る為、日本淡水魚と一緒に飼育する事も出来ます。

美しいピンク色をしており、水槽でも存在感を出す為、観賞用水槽の苔とりの巻貝として非常に人気がある貝です。





ピンクラムズホーンの飼育方法

ピンクラムズホーンの飼育は非常に簡単です!

幅広い水質と水温でも飼育できる点と繁殖力が非常に高い為、丈夫で良く増えるので、アクアリウムビギナーの方でも簡単に飼育繁殖させる事が出来ます。

餌についても水槽内に生えたコケや藻を食べて生きられますし、生体(魚やエビ)を飼育している場合は底に落ちた残餌も食べます。

水草等は食べたりせず食害はありません、逆に水草に生えた苔等をキレイに処理してくれるので非常に有能です。

ヒーターや濾過のタイプも選ばずボトルアクアリウムなどにも向いています。



繁殖について


初めて聞く方は驚かれると思いますが、ラムズホーンは雄雌胴体と言って雌雄といった性別がありません。2匹いれば繁殖できます。

卵は水槽の壁面や流草や石などに産み付けます。ゼリーの様な形状で卵を守っています。約10日程ではやける為どんどん増えます。

繁殖させたくない場合は一匹だけで飼育している分には増えたりしません。
ラムズホーンの繁殖力は非常に高い為、あっという間に100匹位に増える為注意が必要です。


ラムズホーンの苔取り能力

ラムズホーン【単体】の苔取り能力は正直高くありません。
色々なコケ取り貝に比べると能力は正直中程度です。

しかしラムズホーンは他の苔取り貝に比べ繁殖力が非常に強いです。
数がいれば苔取り能力最強のフネアマガイにも勝るという意味ではある意味最強の苔取り貝と言えます。
www.tanagogo.work



ラムズホーンのおすすめ混泳生体

オススメはビーシュリンプ等と相性が良いです!
どうしても水槽の壁面は貝がいた方が美しく保つ事が出来ます。
水槽内に1匹だけでもいれば苔掃除に貢献してくれるます。

お互い捕食する事も無く、シュリンプの食べ残しや死骸も全てラムズホーンが食べてくれるの為、良い共存関係が産まれます。
www.tanagogo.work



ラムズホーンの仲間

ラムズホーンの仲間には、レッド・ピンク・ブルーラムズホーンといった種類がいます。

元はインドヒラマキガイから産まれたアルビノの突然変異により出来た個体を定着させたもので飼育方法や繁殖方法は全く同じです。


レッドラムズホーン

オレンジやゴールド色の殻に赤い体
www.tanagogo.work


ピンクラムズホーン

透明や白っぽい殻にピンクの体
www.tanagogo.work


ブルーラムズホーン

青や水色の殻に紫の体
www.tanagogo.work



見ての通りどれも非常に美しい貝です、飼育している魚や水槽のレイアウトに合わせて選ぶとよりオシャレなアクアリウムになりそうですね!

【色違いのラムズの混泳は避けた方がいい】

ピンクやブルーのラムズホーン同士も一緒の水槽で飼育すると交配します。

この場合雑種のラムズホーンが産まれ、赤や青、ピンクの色素の落ちた元のインドヒラマキガイの様な色合いになるので、せっかく掛け合わせてつくった血統が交雑で元に戻ってしまいます。

美しさが損なわれてしまう為、色違い同士の交配はお勧めしません。


【より美しく育てる方法】

これはメダカやビーシュリンプ・タナゴにも言える事ですが、色の綺麗なもの同士を選別する事です。
特に赤い!青が強い!殻が白い等個性の強い個体を掛け合わせる事でより色味の強い美しい貝が産まれやすくなります。







飼育するメリット・デメリット

ラムズホーンのメリット

・ 丈夫で水質や水温に強い
・ 繁殖力が強い
・ 苔の清掃能力が高い
・ 水草への食害がない
・ 見た目も美しい
・ 赤青ピンクと美しい種類がいる
・ パイロットフィッシュにも向いている

ラムズホーンのデメリット

・ 繁殖力が強く増えすぎる
・ 別の色通しの交配は良くない


見ての通り圧倒的にメリットの方が多くはありますが、繁殖力が強く増えすぎると一体どんなデメリットがあるのか?
また増えてしまった時の対処法を紹介します。



ラムズホーンが増えすぎてしまったら

ラムズホーンは外敵の居ない環境に放っておくと、とことん増えます。
私もレッドビーシュリンプと一緒に飼育している水槽で100匹近く増えた経験があります。

因みに飼育しているラムズホーンを河川に放流するのは絶対ダメです!
繁殖力も適応能力も高い為自然界に影響を及ぼす場合がありますのであらかじめご了承下さい。
では増えてしまった場合の対処法を紹介します。

【キラースネールを入れる】

生物兵器キラースネールを入れます。
同サイズ~小さい貝は捕食してくれる為、エビ水槽などで増えてしまった場合には有効です。

スネールキラーは貝の中身だけ食べますが、貝殻はカルシウムでできている為水槽にそのまま入れておけば海老達が殻を食べてくれます。

今度はスネールキラーが増えるのでは?って意見があるかと思いますが、
スネールキラーは雄雌異体の為、雄と雌がいないと繁殖できません。
同性の個体を水槽に複数入れても繁殖の心配が無いのです。

www.tanagogo.work
www.tanagogo.work



【中型魚の水槽に入れる】

5~10cmサイズの淡水魚がいる環境があれば、親貝も卵も全て食べます。

カネヒラ・オイカワ・カワムツ・ヤリタナゴなどの飼育水槽に入れると
大人サイズ、子供サイズ関係なしに捕食されます。
また卵ははやけた直後に食べられていつの間にか多過ぎず、少なすぎず丁度良い数になってたりします。


【欲しい人にあげる】

欲しい方に譲る・売ってしまうのもアリです。
飼育や苔取りとして人気がある為、育てたい方に譲ったり売る事も出来ます。


【増えた時の対処法まとめ】


増えてしまったら仕方ありませんが、卵を逐一取り除き各水槽に1匹ずつ入れて増やさないのが一番良いでしょう。
私はタナゴや観賞魚を飼育してる為、孵化した稚貝は8割近く捕食されてるので自然の摂理でそこまで大幅に増えません。









まとめ


ラムズホーンは丈夫で美しく、その上苔取りまでしてくれて巻貝の中ではかなりお勧めです。

本当に好きな方は色別に選別して綺麗な品種を作ったり、新たな色の個体を産み出したりしています。

一度飼育してみては如何でしょうか?
見た目も可愛いし目立つので水槽が美しくなりますよ!