たなごGo!

たなご釣りの虜になった男の釣りバカ日記。たなごと一緒にシャドーシュリンプの飼育もしています!

赤斑病の治し方塩浴と観パラDで治療しよう

f:id:yumemiraitunagu:20200325103129j:plain
こんにちわ!かつやんです!


赤斑病(せきはんびょう)はあまり聞き慣れない病名かと思いますが、白点病や尾グサレ病と並ぶメジャーな病気です。

今回はタナゴもかかりやすい赤班病の症状や治し方。
また、同じ病気を繰り返さないように原因と対策について説明していきます!

適切な治療を行えば赤班病は完治する病気です!

赤班病ってどんな病気?

文字通り金魚の身体に赤い斑点が出てくる症状です。初期状態ではそれほど怖い病気ではありませんが、悪化・進行するとなかなか治りづらく他の病気を併発する面倒な病気です。


しかし、赤斑病等の細菌系の病気は丁寧に対処すればほぼ回復します。
早期発見・早期治療を心がけましょう。
因みに初期・中期・末期で治療法や期間も変わりますので、まずは病状をチェックしましょう!



赤斑病の症状や進行具合を確認しよう!

【症状】
赤班病は魚の皮膚が擦れて軽く出血したような状態になり赤く血が滲んだような外観が見られます。

初期症状で対処できれば良いのですが、
悪化してくると血の模様がくっきりと赤い色になり、肛門や腹、背鰭の付け根など全身に回り痛々しい状態になり他の病気を併発します。 

治る見込みがあるのは中期までです。
症状を発見したらすぐに対応しましょう。

初期症状

f:id:yumemiraitunagu:20200324061104j:plain
初期症状は、魚体にうっすらと赤く見える程度の外見で何かに擦ったのかな?程度で、
餌もよく食べる為症状に気付きづらいです。

進行してくると鰭の付け根・お腹・肛門等、比較的弱い部分が赤く血がにじんだようになってくるのがわかります。
初期症状であれば水替え又は塩浴で治ります。

中期症状

f:id:yumemiraitunagu:20200325103636j:plain
身体の斑点が真っ赤に染まり血が滲んだような状態が強くなります。
あまり動き回らず一ヶ所にとどまりじっとしています。
穴あき病や白カビ病を併発して起こしやすく。
他の病気を併発するとそれぞれの治療に時間がかかり、体力を消耗してしまい死につながる可能性があります。
この状態であれば薬浴と塩浴で完治する事も出来ます。

末期症状

f:id:yumemiraitunagu:20200325103426j:plain
他の病気を併発し、体は全身に血が滲んだ様子。
餌に興味を示さなくなり、泳ぐ事もせずエラ以外を動かさず元気が無くなります。
転覆行動を見せて死に至ります。
この状態になってしまうと薬浴に耐え切る体力も無く手遅れになってしまいます。



赤班病の原因

赤斑病は綺麗な水の飼育下であればかかる病気ではありません。
水替えを怠たったり、悪化した環境で魚が弱った時に細菌に感染して発症します。

主な原因は水質の悪化です。

餌の残飯による水質悪化
立ち上げたばかりの安定してない水質
急激な水温変化
低酸素状態(エアレーション不足)

季節の変わり目の気温変化が激しい春や秋におこりやすく、飼育環境が悪いと魚が弱り赤班病にかかる事が多いです。

再発防止にも水槽内の環境の見直しが必要でしょう。

運動性エロモナス菌

赤斑病の原因となる細菌は運動性エロモナス菌と言う細菌です。
25℃〜30℃の高水温で活発になります。

運動性エロモナス菌は赤斑病が悪化すると
白カビ病や穴あき病も併発するので要注意が必要です。


おすすめ治療薬

f:id:yumemiraitunagu:20200324191559j:plain
運動性エロモナス菌には、
オキソリン酸とフラン剤の薬が有効です。

・オキソリン酸の代表的な薬
【観パラD】

・フラン剤の代表的な薬
【グリーンFゴールド顆粒】

オキソリン酸系は使いやすくオススメ。
濃度が濃くコスパも良いので観パラDはおすすめ!
赤斑の併発病である穴あき病などにも有効です。
値段も安く


回復が見られない場合はフラン剤へ切り替ると良いでしょう。




赤斑病の治し方

① 発見したらまず離隔しましょう。
※同じ水槽内の魚も病気になる可能性があり、
塩浴や薬浴をする上で別水槽で治療します。


②隔離して1週間0.5%の塩水で塩浴します。
※ 初期症状なら水替え&塩浴だけで治る事もある。


③中期症状であれば塩浴+薬浴を。
※1日かけて規定量の薬を投与する。
※フィルターは薬の成分を吸着してしまう為エアストーンの方が良い。


④水質が悪化してきたら随時交換します。
※治療時も水量は多めの方が水質悪化も防げる。水替えは2~3日に1回を目安に。


オキソリン酸、フラン剤は供に強い薬なので必ず用法容量を守って使いましょう。


治療期間は1週間を目安に

まずは観パラDを入れ5~7日間様子を見ます。
薬は必ず規定量で行います。
※症状がひどいから濃く、症状が少ないから薄めなど勝手に量を変えない事。

赤班病は初期症状なら薬浴の場合1週間で完治します。
1週間薬浴しても治らない場合は薬の種類を変えます。

観パラDもグリーンFゴールド顆粒も強い薬です。
多少なりとも魚にも負荷がかかる為、効果がない時は薬を変える際に体力回復期間を設けましょう。

・ 最初の1週間は観パラDで治療。
・ 効果がなかった時は1週間体力回復期間の塩浴。
・ 再度1週間グリーンFゴールド顆粒で治療。


薬浴終了の目安は病状を見ながら

病気の進行具合によって完治までの期間も変わります。
仮に1週間しないうちに身体の赤みが取れ、改善した場合は塩浴や淡水に切り替えてOKです。

中期から末期の出血・赤斑がひどい場合は1週間で完治する事はありません。

1週間薬浴した後、2週間塩浴をして様子を見ます。
改善が見れればその後は塩浴と淡水浴で回復させます。

悪化している様なら薬を変えてもう1サイクル行います。



まとめ

今回紹介した赤斑病は正しい飼育環境ではめったに現れない症状です。
これがでるのは飼育環境が良くない証拠!

赤斑病は幸い正しい治療を続ければ治る病気です。
ポイントは
早期発見!早期治療!
塩浴と薬浴は用法容量を守る事です!

大切なお魚は愛情をもって飼育しましょう!

【今回紹介したアイテム】



関連記事の紹介

タナゴの種類や特徴について詳しく解説します!
www.tanagogo.work

タナゴの稚魚の育成日記です。
www.tanagogo.work

タナゴ飼育水槽の作り方を紹介しています!
www.tanagogo.work

霞ヶ浦での体験記です!
www.tanagogo.work


InstagramTwitterはじめましたっ!

 Instagram https://instagram.com/katsuyan46
釣りや繁殖シーズンに入るので、
飼育写真や釣り写真をUP予定です!

 Twitter https://twitter.com/tanagokatsuyann
ブログやインスタ更新のお知らせを
リアルタイムで更新します!

是非フォローお願いします!

にほんブログ村 釣りブログ タナゴ釣りへ
にほんブログ村


小物釣りランキング