たなごGo!

たなご釣りの虜になった男の釣りバカ日記。たなごと一緒にシャドーシュリンプの飼育もしています!

二枚貝を使ったタナゴの繁殖方法!貝の飼育が産卵のポイントです!

f:id:yumemiraitunagu:20191129195115j:plain
こんにちわ!かつやんです!

一般的にタナゴの繁殖は難しいと言われていますがコツさえつかめば簡単に繁殖させる事が出来ます。
私も趣味でタナゴの飼育・繁殖をしています。
家の限られたスペースと水槽の数の限度があるので1年おきに繁殖に挑戦しているのですが、毎回100匹以上は孵化させています。


タナゴを繁殖させる為には、二枚貝を入れて貝に卵を産み付けさせる必要があるのですが、貝の飼育は非常に難易度が高めです!
貝は特に水温の上昇に弱く、餌が少ないと餓死してしまいます。
恐らく繁殖が難しいと言われている背景にはこの貝の飼育がハードルを引き上げていると思います。


他にも、たなごの飼育水槽の中で無事産卵が出来て稚魚が産まれたとしても、母貝から浮出した子供たちは親魚と同じ水槽では親タナゴに食べられてしまう事もあります。


今回はリスク少な目で稚魚がしっかりとれる繁殖方法を紹介します!
※この記事は一般家庭でも挑戦出来てそこまで場所やお金もかけず挑戦できる内容にしてますので是非挑戦してみて下さい!

タナゴを高確率で安全に繁殖させる方法!

タナゴを繁殖させるには最低でも水槽が2個以上は必要になります
理由は親魚と稚魚が一緒にいると稚魚が捕食されてしまう場合がある点と、貝が死んでしまった場合水槽内の飼育水が一気に悪化し、他の貝や魚が連鎖して弱ったり死んだりしてしまう為です。

しかし水槽を一つ増やすのが難しい、お金がかかる等のデメリット等もありますよね。

大丈夫!貝飼育&稚魚飼育水槽はベランダや庭先に発泡スチロール1つで代用できます!




1.貝と稚魚を飼育する簡易育成水槽を用意する

f:id:yumemiraitunagu:20200314185335j:plain
貝から稚魚を浮出させる際、必ず別水槽が必要になります。
親魚が一緒にいると貝から出てきたタナゴの稚魚は食べられてしまいますので
必ず別の水槽を用意しましょう!

貝やタナゴの稚魚は温度変化にも弱いので、
発泡スチロールなどで自作すれば飼育環境も最適・コストも安く済みます!
更に不要になったら潰す事も出来るので場所を取りません。
一時的に使うにはベストです!

詳しい作り方はコチラで紹介してます!
⇩興味を持っていただけたり、詳しく知りたい方はコチラをどうぞ!
www.tanagogo.work

2.タッパー等の容器に砂を入れ貝を乗せた状態で沈める。

f:id:yumemiraitunagu:20200314185358j:plain
貝を飼育するには多めの底砂が必要です。

タッパーやプラ容器に入れておくと貝を立てやすいので、
タナゴが産卵しやすいというメリットと
底砂が少なくても貝が飼育できるという2つのメリットがあります。


3.ここに卵管の出た雌と婚姻色の出た雄を1~2ペア入れる。

貝がタナゴの飼育水槽で死んでしまうと、以下のデメリットがあります。
・最悪な場合、飼育タナゴの全滅。
・水槽のリセット、又は水の全取り換え。

この貝の飼育水槽内にタナゴ1~2ペアを入れて産卵をさせる事で、
低リスクで繁殖が出来ます。


タナゴは産卵後約2日で貝内で孵化し、3週間で母貝から浮出します。
なのでタナゴを入れてから約3週間で親タナゴを取り出します。

それから3週間程観察をすると、無事産卵出来ていた場合3週間程で稚魚が出てきます。
出てこない場合は再度親魚を入れて産卵させます。


3-2.又は、タナゴ水槽に一時的にタッパー毎貝を沈める

f:id:yumemiraitunagu:20191129185924p:plain
もう一つの方法は、タイミングを見極めて
雌が卵管を伸ばし、雄が婚姻色が出た頃にタナゴ飼育水槽に貝を入れます。

このタイミングでタッパー毎貝を水槽に沈める事で効果的に産卵が出来、以下のメリットがあります。


・繁殖の様子が確認できる。
・雌を見ると産卵したかしてないかが解りやすい。
・タッパー毎投入するので取り出しが楽。
・タッパー内に入れてるので貝が動き回らない。

最初は雄雌共に興味を持って貝を覗きに寄ってきます。
その後雄は縄張り争いをはじめ、争いに勝った雄は雌と貝に体をこする様に繁殖します。

産卵が終わると雌のお腹から卵がなくなり気持ちほっそりする&卵管が極端に短くなるのでよーく見てれば何となくわかります。

貝は水槽に入れてから3週間後に取り出して、貝の飼育水槽に戻します。
うまく産卵できていれば3週間内に稚魚が浮出してきます。





タナゴの産卵の仕方

タナゴは2枚貝に卵を産み付けます。
雄が貝の近くに縄張りを作り、雌と一緒に貝の近くで交尾をします。

雌が卵管という管から貝に卵を産み付け、雄が精子をかけ繁殖します。

雌の卵管が伸びていて、雄の婚姻色が出ている時期なら
上手くいくと貝を入れて2日程で産卵します。

一度に10個前後の卵を数日かけて複数回産みつけます。

タナゴの産卵時期

タナゴは大きく分けて、春型・秋型の産卵タイプがいます。

大半はの種類が春型産卵ですが、
カネヒラ、ゼニタナゴ、イタセンパラの3種類が秋型産卵です。

春型産卵の時期

自然界では主に5月~8月がピークを迎えます。
タナゴは産卵後2日で孵化し、3週間前後で貝から浮出します。

水槽飼育の場合、自然界より水温が高くなるため、
4月~6月を目安に狙っていきましょう!
※二枚貝は24℃以上の水温は危険域です。

3月の頭位水温が上昇し始めたら餌の回数を少し増やし活性化させ体力を付けさせておくと4月には繁殖行動をします!


秋型産卵の時期

自然界では主に10月〜11月に産卵します。
卵は数日で孵化しますが、産まれた子供が貝からでてくるのは翌年の5~6月と約半年近くを貝の中で過ごします。

その為、水槽内で秋型産卵のタナゴを繁殖させる場合、貝自体を長く生きられる様な環境を作らなければならない為、難易度が高いです。
この生態からもゼニタナゴは現在非常に希少な種類です。


貝とタナゴの飼育数は?

多数のタナゴのいる環境にタナゴより少ない貝を入れると縄張り争いがおきたりします。水質の浄化目的なら良いのですが。
イメージでは、1ペアにつき貝2個位の目安で入れていくと良いでしょう!

私の理想の数は雄1・雌2・貝4つ位が一番ベストです。

60cm水槽サイズで稚魚を飼いきれる余裕があるなら
雄3・雌6・貝12の3倍位用意すると単純に3倍多く産まれます。

貝を長生きさせるコツ

f:id:yumemiraitunagu:20191129193428p:plain


タナゴの繁殖が難しいと言われるのは、この『貝の飼育が難しい』からです。
二枚貝はデリケートで飼育が非常に難しいです。本来自然の河川であれば貝は何十年と生きます。

しかし水槽の様な環境下では中々飼育が難しいのです。
一般的に貝の死因の多くは水温・餌が原因です。

ここでしっかりと正しい知識を身に着け飼育をすれば。貝を極力長生きさせる事が出来ます。以下の章ごとにポイントを押さえて飼育しましょう!

貝は暑さに弱い水温24℃以上は注意

夏場の高温に弱く、特にカワシンジュガイなどは暑さに弱いので24℃以上で死んでしまうケースがあります。

対処法は飼育水を多めにする。直射日光を避ける。エアを強めにたく。などして極力水温の変化に気を付けましょう。
私は発泡スチロールの外側に凍らせたアイスノンを仕事行く前に仕込んだり色々試した結果、イシガイ・マツカサガイは夏越え出来ました。

繁殖だけを考えたらカワシンジュが一番ですが、30度近い水温にも極力強いイシガイやマツカサ等を選ぶと良い。


貝のエサはグリーンウォーターを作る

貝はグリーンウォーターがあれば大丈夫です。
二枚貝の浄化能力は高く水を半端なくキレイにしてくれます。
貝のエサになるクロレラやグリーンウォーターを入れて数日たつと水が恐ろしくクリアーになってます。
これだけ二枚貝が水中のプランクトンを食べてるってことですね!
一緒にウィローモスや余った水草を入れとくとかなり調子よいです。


人工飼料のエサも売っている
蛍光ライトだけでは水中に充分なプランクトンが湧かず栄養分がない為、餓死してしまうケースもあります。
ベランダ等屋外でグリーンウォーター(バケツに藻の生えた水)を作って3日に一度位足し水代わりに与えると良い。餓死はしません。
難しい場合は、植物性プランクトンやアミノ酸、ビタミンなどの入った専用のエサなども売っています。冬場はグリーンウォーターも作り辛くなるので貝のエサを持っておくと秋産卵時も活躍します。


その他のコツ

貝を飼育する為には大きめの飼育容器、多めの底砂、水草、ヨシノボリやドジョウなどの底を泳ぐ生物などを入れて、自然の川や池を再現すると比較的貝も長生きします。

水の量が多いと水温も変動しずらく安定します。
低床が多いと深くまで潜り、高温による死亡を防ぎます。
水草は餌となる植物性プランクトンを作りますし、ヨシノボリやドジョウの様に底面を泳ぐ生物がいると、底にたまった餌やプランクトンを巻き上げてくれるので貝が餓死しづらくなります。

因みに二枚貝がフィルター代わりになるので、エアストーンでエアのみが良い。稚魚が産まれた場合は水槽は底面ろ過・又は投げ込み式濾過がお勧めです。上部フィルターだと稚魚が吸い込まれてしまう場合があります。



おすすめの貝の種類

二枚貝の種類は多くいます。
詳しく書くと長くなるので、詳細はコチラの記事からご覧ください
www.tanagogo.work


一応タナゴが最も産卵しやすいのがカワシンジュガイ
丈夫さ、値段、産卵し易さでバランスがいいのがイシガイです。



まとめ

タナゴの繁殖は難しいと言われてますが、一度繁殖させる事が出来れば後は簡単です。特に婚姻色がキレイであったりプラチナ色の強い個体からは同じような個体が取れやすくなりますし、繁殖と言った楽しみも出来ますよ!


もし興味があれば、貝を買って(採って)きたらまず最初にするべき事等も紹介しています。自然界の貝は特にヒルの子供なんかがいると厄介なので
購入から水槽に入れるまでの手順はコチラで紹介しています。
興味があれば併せて読んでみてください!
www.tanagogo.work

皆さんもぜひタナゴの繁殖に挑戦してみましょう!


あなたにおススメ関連記事の紹介!



タナゴの種類や特徴について詳しく解説します!
美しいタナゴ達の種類や婚姻色を詳しく紹介!
www.tanagogo.work

釣りを二倍楽しむならタナゴ竿使ってみませんか?
2,000円~買える初心者向けから本格竿まで良いものを紹介します!
www.tanagogo.work

タナゴ飼育水槽の作り方を紹介しています!
美しいタナゴを家で飼育してみませんか?
www.tanagogo.work

二枚貝を使った繁殖方法の紹介です!
二枚貝を使った繁殖のまとめページです。
www.tanagogo.work

InstagramTwitterはじめましたっ!

 Instagram https://instagram.com/katsuyan46
釣り・飼育・繁殖
美しいタナゴの写真をUP予定です!

 Twitter https://twitter.com/tanagokatsuyann
ブログやインスタ更新のお知らせを
リアルタイムでお伝えします!

是非フォローお願いします!

にほんブログ村 釣りブログ タナゴ釣りへ
にほんブログ村


小物釣りランキング